WSL2:Ubuntu18.04のインストール

WSL2 (Windows Subsystem for Linux)にUbuntu18.04をインストールしたのでその方法を私が担当する授業用にまとめました。授業にWSLを利用しようと2年前から試していましたが、May 2020 Updateからプレビュー版でない通常のWindows10でWSL2を使えるようになり、授業で使う機が熟したので紹介します。以下のサイトを参考にしました。


  •  環 境
    • Windows10 (64ビット版、バージョン2004, ビルド19041以上)
    • BIOSでIntel Virtualization Technology (Intel VT-x)を有効にする。デフォルトで有効になっている場合は多いので、うまく動作しないときに確認しましょう。
  • 準備:Windows10のバージョンアップ
    • WSL2を使うためにはWindows10が次の条件を満足する必要がある。
      • バージョン2004
      • ビルド19041以上
    • バージョンの確認方法
      • スタート→設定→バージョン情報→Windowsの仕様で確認する。
    • 条件を満足していない場合は以下のリンクのWindows 10 May 2020 Update [今すぐアップデート]をクリックする。
  •  WSL2の有効化
    • スタート→Windows PowerShell→Windows PowerShell(右マウスボタンで「管理者として実行する」を選択して)を開き、次のコマンドを実行(コピペしてEnterキーを押す)する。1分ぐらいかかる。
      • dism.exe /online /enable-feature /featurename:Microsoft-Windows-Subsystem-Linux /all /norestart
    • 次のコマンドも実行する。これも1分ぐらいかかる。
      • dism.exe /online /enable-feature /featurename:VirtualMachinePlatform /all /norestart
    •  再起動する。
  •  WSL2の設定
    • 管理者権限でPowerShellを開き、次のコマンドを実行する。
      • wsl --set-default-version 2
    • 下図のように「WSL 2を実行するには、カーネルコンポーネントの更新が必要です」と怒られる場合は、以下のリンクの指示に従って「Linux カーネル更新プログラム パッケージ」をインストールする。x64マシン用のカーネル更新プログラムをダウンロード・インストールする。

  • Ubuntu18.04をストアからインストール
    • スタートメニューの検索窓に「store」と入力すると「Microsoft Store」と表示されるのでそれをクリックする。
    • 右上の「検索」にUbuntuと入力すると、下記の画面になるので、Ubuntuは3つあるが、その中でUbutu 18.04LTSを選択しクリックする。他のバージョンは授業では使えないので注意。
  • 次のウインドウになるので右上の「入手」または「インストール」をクリックする。ダウンロードサイズは約221MB。
  • 入手が終わると次の画面になるので「起動」をクリックする。
  • 次のウインドウになるので数分待つ。私の環境では4分ほどかかった。
  • ユーザ名とパスワードを聞かれるので入力する。全角は使えないので半角英数字を使うこと。ユーザ名、パスワードは今後も使うので忘れないこと。次の時間帯の設定にならず、”Installation successful!”と表示された場合は、3つ下のアップデートの作業をする。
  • 時間帯の設定。標準では、日本の時間帯ではないので以下のコマンドを端末にコピペする。パスワードを聞かれるので入力する。なお、$はプロンプト(入力できる状態を示す記号)なのでコピペしない。
    • sudo dpkg-reconfigure tzdata
    • 次のウインドウになるので「Asia」を選択して、Tabキーを押して「OK」を選択してEnterキーを押す。
    • 「T」を押すとTaipeに飛ぶので、下矢印キーでTokyoを選択し、Enterキーを押す。
    • dateコマンドを端末に入力して正しい時間帯に(JST)なっていたら終わり。
  • ダウンロード先の変更。標準では海外からダウンロードするようになっているので、時短するために以下のコマンドを端末にコピペして実行し、国内に変更する。
    • sudo sed -i 's/\/archive\.ubuntu/\/jp\.archive\.ubuntu/' /etc/apt/sources.list
  • アップデート:次のコマンドでアップデートする。この作業はネットワークの速度によるが時間がかかる(私の環境では10分程度かかった)ので、次のX Windowシステムのインストールも並行して行う。
    • sudo apt update
    • sudo apt upgrade -y
  • X Window システムのインストール。WSLはグラフィカルなインタフェース(GUI)が使えないので、X Windowシステムを別にインストールしなければならない。ここでは、VcXsrv(無償)をインストールする。以下のウェブサイトに行き、下図の赤で囲った[Download]をクリックする。2020年7月3日現在のバージョンは1.20.8.1。
    • https://sourceforge.net/projects/vcxsrv/
    • ダウンロードしたexeファイルをダブルクリックする。次のウインドウが開くので「Next」をクリックする。
    • インストールするフォルダーを聞かれるので、デフォルトのまま「Install」をクリックする。
    • セットアップが終わったら「Close」をクリックしてインストールを終了する。
  • X起動
    • デスクトップにできたXLaunchアイコンをダブルクリックする。
    • Select display settingsのウインドウになるのでデフォルトのまま「次へ(N)」をクリックする。
    • Select how to start clientのウインドウになるので、デフオルトのまま「次へ(N)」をクリックする。
    • Extra Settingsのウインドウになるので 以下の図のようにClipboard、Primary Selection、Disable access controlにチェックを入れ、Native openglのチェックを外して「次へ」をクリックする。Additional parameters for VcXsrvは入力しなくてもよい。
    • Finish configurationウインドウになるので、「Save configuration」をクリックして設定ファイルをデスクトップにconfig.xlaunch保存してから「完了」をクリックする。次回からはデスクトップのconfig.xlaunchアイコンをダブルクリックする。そうすると再度設定する必要はなく設定済みのXが起動する。
    • ファイアウォールなどを設定している場合は、次の図のように「Windowsセキュリティの重要な警告」というウインドウが開くので、「アクセスを許可する」をクリックする。
  • Ubuntuの設定
    • [スタートメニュー]→[Ubuntu 18.04 LTS]からUbuntuのターミナル(以下、端末とよぶ)を起動する。
      • タスクバーにピン留めするかデスクトップにショートカットを作っておくと便利。
    •  起動した端末で以下のコマンドを実行し、必要なパッケージをインストールする。なお、$はコマンド入力の合図を示すプロンプトを表しているので入力しない。
      • $ sudo apt install -y language-pack-ja
      • sudo update-locale LANG=ja_JP.UTF-8
      • sudo apt install -y git gedit emacs vim  build-essential pkg-config firefox dbus
      • $ sudo apt install -y xorg libx11-dev libglu1-mesa-dev libfreetype6-dev
    • 環境変数の設定
      • 自分のパソコン画面にLinuxのウインドウアプリケーションが表示されるように以下のコマンドを実行して環境変数を設定する。
        • export DISPLAY=$(grep -m 1 nameserver /etc/resolv.conf | awk '{print $2}'):0.0
      • 毎回このコマンドを実行するのは面倒なので、以下を~/.bashrcの一番下の行に追加する。
        • export DISPLAY=$(grep -m 1 nameserver /etc/resolv.conf | awk '{print $2}'):0.0
        • 追加しただけではすぐ有効にならないので、次のコマンドを実行する。
          • $ source ~/.bashrc
      •  どのエディタを使ってよいかわからない場合はgeditが簡単なのでお勧め!Windowsのメモ帳と同じよに使えるので説明はいらないだろう。端末で次のコマンドを入力すると起動する。
        • $ gedit &
    • 確認
      • ウインドウアプリケーションが起動するか確認しましょう。
      • Ubuntuで標準のウェブブラウザfirefoxを起動してみましょう。Ubuntu端末を起動して次のコマンドを実行してください。うまくfirefoxのウインドウが開けば成功です。お疲れ様!
        • $ firefox &
      • エラーがでる場合は次のエラー対処法をご覧ください。
  • エラーの対処法
    • WSLバージョン確認
      • Ubuntu18.04のWSLがバージョン2になっているかWindows PowerShellを管理者権限で起動して次のコマンドで確認する。
        • wsl -l -v
        • 以下のように表示されていればOK。
          PS C:\WINDOWS\system32> wsl -l -v
          NAME             STATE       VERSION
          * Ubuntu-18.04 Running       2
          Ubuntu           Stopped       1
        • Ubuntu-18.04がVERSION 1になっていたら、Windows PowerShellで次のコマンドによりVERSION 2へ変換する。変換に数分かかる。変換が終了したら上のコマンドで確認する。
          • wsl --set-version Ubuntu-18.04  2
    • ウインドウが開かない
      • ~/.bashrcに以下の行が含まれているか確認してなければ追加する。
        • export DISPLAY=$(grep -m 1 nameserver /etc/resolv.conf | awk ‘{print $2}’):0.0
      • 端末で次のコマンドを実行する。
        • $ source  ~/.bashrc

終わり

コメント

Folding@home Kanazawa (ID 257261)

みんなのためにおうちで新型コロナウイルスを解析しよう!

タイトルとURLをコピーしました