つくばチャレンジ2010: Ubuntu10.4の開発環境設定

つくばチャレンジ用のノートパソコンThinkPad T410とLet’s note CF-Y7にUbuntu10.4を入れ。開発環境を設定したときのメモ。

  • libsdl-ttf2.0-dev, libsdl-image1.2-dev, libsdl-mixer1.2-devのインストール追加。
  • Boostのインストールが不完全だったので更新。 sudo apt-get install  libboost.*.1.40-dev   libboost1.40-dbg libboost1.40-doc (2010-09-11)

  • Ubuntu 10.4 日本語Remix CDイメージをDVDに焼く
  • そのDVDで起動、インストール。Windows7はすでにインストール済みで、空き領域を120GBぐらい確保しておいた。最大空き領域にUbuntuを入れる項目を選択。無事終了。デュアルブートでWindows7も問題なく起動可能。
  • Ubuntu9.04のgrubとはメニュー設定場所が変更になっていた。/etc/default/grubを変更し、update-grubコマンドを実行すると/boot/grub/grub.cfgが書き換えられる。/boot/grub/grub.cfgは直接編集するなと書いてある。/etc/default/grubの1行目GRUB_DEFAULT=0の番号を変更してWindows7をデフォールトにした。
  • CapsLockとCtrlキーのスワップ
    • システム→設定→キーボード→レイアウト→オプション→Ctrlキーの位置→Swap Ctrl and CapsLock
  • 画面の輝度調整:T410はNvidiaのNVS3100Mというグラフィクスチップを選択できる。標準ではFn+Home/Endで輝度調整ができないので、/etc/X11/xorg.confのDeviceセクションに以下の行を挿入する。
    • Option  “RegistryDwords”  “EnableBrightnessControl=1”
  • 開発環境
    • C, C++言語の開発環境
      • sudo apt-get install build-essential
    • Subversionのインストール
      • sudo apt-get install subversoin
    • Irrlichtに必要なライブラリのインストール
      • sudo apt-get install  xserver-xorg-dev   libxxf86vm-dev mesa-common-dev libgl1-mesa-dev libglu1-mesa-dev
    • OpenCVに必要なライブラリのインストール
      • sudo apt-get install cmake
      • sudo apt-get install  libgtk2.0-dev
      • sudo apt-get install libtbb-dev
      • sudo apt-get install libjasper-dev
      • sudo apt-get install libavformat-dev
      • sudo apt-get install libswscale-dev
      • sudo apt-get install libavfilter-dev
      • sudo apt-get install libdc1394-22-dev
      • sudo apt-get install libucil-dev
      • sudo apt-get install libgstreamer-*
      • sudo apt-get install libxine-*
      • sudo apt-get install ffmpeg
      • sudo apt-get install x264
      • sudo apt-get install  libx264-dev
    • IPPのインストール
      • IntelのNon-Commercial Software Downloadサイトへここをクリックしていく。
      • Terms of non-commercial software dovelopmentを読みライセンスを確認する。
      • DownloadサイトのPerformance Libraries->Intel Integrated Performance Primitives for Linusをクリックする。
      • 非商用版申し込みのページになるので、メールアドレスと国をいれて、送信をクリック。
      • シリアル番号が表示されるのでメモする。
      • Select fileで希望するパッケージを選択。ここでは、Package  for IA32を選択する。Download nowをクリック。
      • l_ipp_ia32_p_6.1.2.051.tar.gzがダウンロードされる。
      • 上記のファイルを以下のコマンドで展開する。
        • tar  xvzf  l_ipp_ia32_p_6.1.205.tar.gz
      • インストールする
        • cd  l_ipp_ia32_p_6.1.205
        • ./install.sh
          • インストールの途中でシリアル番号を聞かれるので、メモしていた番号を入力する。
      • 環境変数の設定 .bashrcに以下を追加する。
        • source  /opt/intel/ipp/6.1.2.051/ia32/tools/env/ippvars32.sh
    • OpenCV2.1.0のインストール
      • IPPを使うためソースからビルドする。
      • 好きな場所にソースを展開する。ここでは~/srcの下にする。
        • cp  OpenCV-2.1.0.tar.bz2  ~/src
        • tar xjf  OpenCV-2.1.0.tar.bz2
      • mkdir  release
      • cd release
      • cmake -D BUILD_EXAMPLES=ON -D CMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE -D CMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local -D BUILD_PYTHON_SUPPORT=ON  -D WITH_TBB=yes  ..
      • make
      • sudo make install
      • sudo ldconfig
    • Qtのインストール
      • http://qt.nokia.com/downloads-jpからqt-sdk-linux-x86-opensource-2010.04.binを/home/ユーザ名/download/にダウンロード
      • chmod u+x  qt-sdk-linux-x86-opensource-2010.04.bin
      • ./qt-skd-linux-x86-opensource-2010.04.bin
      • Setupのウインドウが開くので指示に従ってインストール。ここで以下のディレクトリにインストールする。
        • /home/ユーザ名/src
      • Qtが原因のエラーをなくすために以下のパッケージをインストール
      • sudo apt-get install libglib2.0-dev
      • sudo apt-get install libxrender-dev
      • sudo apt-get install libfontconfig1-dev
    • Code:blocksのインストール
      • sudo apt-get install codeblocks
    • Doxygenのインストール
      • sudo apt-get install doxygen
      • sudo apt-get install doxygen-gui
      • sudo apt-get install graphviz
    • SDLのインストール
      • sudo apt-get install libSDL1.2-dev
      • sudo apt-get install libsdl-net1.2-dev   libsdl-image1.2-dev   libsdl-mixer1.2-dev
      • sudo apt-get install libsdl-ttf2.0-dev
    • Boostのインストール
      • sudo aptitude install libboost.*1.40-dev libboost1.40-dbg libboost1.40-doc
    • Urgのインストール
      • cd
      • mkdir src
      • 北陽電機のウェブサイトからurg-0.8.11をダウンロードし,/home/demulab/srcの中にダウンロードする
        • なお,ユーザ名,パスワードはプレゼミ時連絡する.
      • tar xvzf  urg-0.8.11.tgz
      • cd  urg-0.8.11
      • ./configure
      • make
      • sudo make install
    • gpsdのインストール
      • sudo apt-get install gpsd  gpsd-clients  libgps-dev  gpsdrive
    • モータコントローラ用ドライバのインストール
      • ここからurbtc2.6.tgzをダウンロードし,/home/demulab/srcの中にコピーする.
        • なお,ユーザ名,パスワードはプレゼミ時連絡する.
      • cd  src
      • tar xvzf   urbtc2.6.tgz
      • 成功すると/home/demulab/src/urbtc2.6/driver/urbtc.koというファイルが生成される.ない,場合はもう一度,注意深く上記の作業を実行.
      • /etc/rc.localのexit 0の一行上に以下のコードを書く.
        • /sbin/insmod  /home/demulab/src/urbtc2.6/driver/urbtc.ko

    • 音声合成ライブラリ
      • sudo apt-get install libespeak-dev  libportaudio-dev
  • アプリケーション
    • Google chrome: googleのページからUbunt用パッケージをインストール。パッケージインストーラーが自動で起動するので指示に従ってインストールする。

でむ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。