RoboCup2010:HL 予選3日目 2次予選速報 CIT Brains J組1位、決勝トーナメント進出

CIT Brains(日本、左側) VS HuroEvolution (台湾、右側)

RoboCup2010 ヒューマノイドリーグ(HL)・キッズサイズ 2次予選の速報をお送りします.今日,6月23日はHLキッズサイズは予選3日目です.午後からは決勝トーナメントの1回戦が始まります.

12:45  日本 CIT Brainsと台湾HuroEvolutionの試合。前半終わり0対0。CIT Brainsはシュートを放つもののなかなか得点できません。後半はCIT Brainsが少し調子を取り戻し2得点で勝利しました。直前でロボットが故障し、予備機になっている旧型機を投入ました。予備機がなければ引き分けの可能性もある試合です。試合を勝ち進むためには予備機が必要だということを痛感した試合でした。これでCIT BrainsはJグループ1位通過となりました。CIT Brainsチームを応援しましょう。

まず,2次予選は4組に分かれ,各組4チームによる総当たり戦を実施し,上位2チームが決勝トーナメントに進出します.

日本勢同士の対決 CIT Brains (千葉工大等)とJEAP(阪大)の試合はCIT Brainsが勝利.CIT Brainsは決勝トーナメント進出,JEAPは予選敗退です.

なお、昨日我々SitiKチームに勝利した台湾のHuroEvolutionチームはアメリカのRoboPatoriotsチームに2対0で勝利し、決勝トーナメント進出を決めました。SitiKチームはPK戦の末惜しくも破れただけに、昨日の試合は運用面や作戦面を含め非常に悔いが残ります。この経験を今後に生かしていきたいと思います。

  • 9:00  CIT Brains 8点 VS JEAP 0点
    • JEAPはロボットの調子が悪いのがなかなかボールにアプローチできません.ボールを確実に見つけ,速度の速いCIT Brainsのロボットが常にボールを支配し完勝でした.
  • 12:30  CIT Brains  2点  VS     HuroEvolution (台湾) 0点
    • CIT Brainsは直前でロボットが故障し、予備機になっている旧型機を投入した試合でした。そのためかシュートを放つもののなかなか得点できません。後半はCIT Brainsが少し調子を取り戻し2得点で勝利しました。予備機がなければ引き分けの可能性もある試合です。勝ち進むためには予備機が必要だということを痛感した試合でした。
      我々が負けた台湾HuroEvolutionチームは、ロボットの運動性はそれほどではありませんが、ソフトウェアはかなりしかkりして、自己位置、協調プレーをしている動きに見えます。CIT Brainsの調子が悪いというより、 HuroEvolutionチームがかなる強いということかもしれません。
  • 12:30  JEAP 0点 VS  RoboPatris 0点
    • 両チーム、ボールを発見するもののなかなかゴールまでもっていけず、スコアレスドローでした。
  • 16:00  準々決勝
  • 17:00 準々決勝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。