RoboCup2010:HL 一次予選速報 SitiKが2対0で世界戦初勝利

RoboCupヒューマノイドリーグ・キッズサイズ 一次予選 途中結果このページでRoboCup2010 ヒューマノイドリーグキッズサイズの一次予選速報を流します。なお、時刻は現地時間です。日本時間は1時間プラスしてください。
  • 09:00 AM  JEAP(阪大) 0点 VS TKU(台湾) 0点
    • 両チームとも攻め手に欠け、スコアレスドローでした。
  • 09:00 AM  CIT Brains(千葉工大等) 6点 VS Chibi Dragon (タイ) 0点
    • 日本王者CIT Brainsは新型機を投入して完勝です。
  • 12:30 PM    CIT Brains(千葉工大等) 5点 VS Robo Erectus(シンガポール) 1点
    • 相手のRobo Erectusもロボカップ世界大会の常連で、今年はシンガポール開催のためロボットも洗練され動きも良かったのですが、CIT Brainsは危なげなく完勝。1失点は、勢い余った自殺点でした。
  • 12:30 PM   JEAP(阪大) 0点 VS  Uchile Roadrunner (チリ) 0点
    • お互い実力が拮抗し、スコアレスドロー。
  • 01:15 PM SitiK(金沢工大夢考房) 0点 VS    Fumanoid (ドイツ) 4点
    • やっぱり、昨年の準優勝チームは強かった。チャンスは1、2回ありましたがそれを生かせず完敗でした。問題点を直し、次の試合に望みます。
  • 04:45 PM   SitiK(金沢工大夢考房) 2点 VS   WF Wolves (ドイツ) 0点
    • この試合に勝たないと、明日の敗者復活戦と2次予選の組み合わせが強豪チームとなり、決勝トーナメント進出が厳しくなります。負けられない試合です。
    • 前半が終了し、2対0とSitiチームがリードしています。
    • 後半は青ゴールがうまく認識できないのか、無得点。SitiKチームが世界大会で初勝利をもぎ取りました。

2 Comments
  1. 世界大会初勝利、おめでとうございます。

    ジャパンオープンでの1得点から世界大会での一次予選2得点と、着実にレベルアップしているという感じですねー。
    メンバーの様子などはインターネットを通じての方法でしか知ることはできませんが、OBとして陰ながら応援しています。

    明日がまた大きな山になりそうな感じですが、いい結果が出ることを願ってます。

    • Okkunさん,

      いつもコメントありがとうございます.1試合目は昨年準優勝のFumanoidチームとの対戦でした.1点ぐらいは取れると思い,また,チャンスも何度かありましたが,いつもの動きができず完敗でした.

      2戦目はSitiK発足以来2得点です.前半で2得点し,後半もこの調子で得点できるかなと思いましたが,また新たな問題点が見つかりました.それも後で解決でき,少しずつ調子を上げています.

      でむ

      でむ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。