RoboCup2006: 慶應EIGEN敗れる ロボットもジーコジャパンと同じ悪夢を見た


COPSに攻め込まれるEIGEN

  • 準決勝 EIGEN(慶応義塾大学)  1点 VS  COPS(スタッドガルト大学,ドイツ) 3点
  • 準決勝 Brainstormers Tribots(オスナブラック大学,ドイツ) 9点 VS  Fu Fighters(ベルリン自由大学, ドイツ) 1点

ロボカップ2006世界大会 ミドルサイズリーグ 準決勝 2連覇中のロボットの王者慶應EIGENチームがなんと予想に反してドイツCOPSに4対1で敗れました.ロボットのサッカーチームもジーコジャパンと同じ運命をたどってしまいました.

前半はEIGENがCOPS陣内に攻め入ります.しかし,相手の守りも堅くなかなか得点できません.COPSも動きが早くカウンターでEIGEN陣内に攻め込み得意のループシュートを放ちますがキーパーはナイスセーブします.自力に勝るEIGENはとうとう相手の堅い守りの隙をつき1点をもぎ取りました. 前半は1点をリードして終わり慶應陣内も明るいムードです.

後半に入って少し経過 すると今までナイスセーブを連発していたキーパーが斜めを向いたまま動かなくなります.そうなるとCOPSのシュートを防ぎきれず1点を失い同点となります.動かなくなったキーパーは修理のためかどうかよくわかりませんが,負傷退場します.今までほぼ拮抗していた試合展開も台数が減ったので一気にCOPSが優勢になりガラ空きになったゴールに得点され,終わってみればジーコジャパンと同じ点差で敗れました.

ロボットもジーコジャパンと同じ悪夢を見たのでした.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。