WinKITチームがRoboCup世界大会出場権を獲得!

3月18日にロボカップ2004世界大会中型ロボットリーグへの審査があり、金沢工大WinKITチームがなんとか出場権を獲得しました。


詳細は以下のようになっています。WinKITチームは2年連続準優勝ですが23番目にランクされています。これは科学的な貢献度は図る書類審査(論文の数やチームに関するテクニカルレポート)の成績が悪かったためだと思われます。

ロボカップは単なるロボットコンテストとは違い学術的な面が重要なのでしかたがないと思いますが、ロボットは動かなければ意味がない(机上の空論ではだめ)ので過去の大会での実績も考慮して欲しいものです。

  • 出場権獲得
  • (ただし、4月30日までに参加登録等を完了)
    1 ARTISTI-VENETI (イタリア)
    2 ISocRob (ポルトガル)
    3 OsakaUniv.Trackies2004 (日本 大阪大学)
    4 MINHO (ポルトガル)
    5 TheUlmSparrows (ドイツ)
    6 EIGEN (日本 慶応大学)
    7 AIS/BIT-Robots
    8 AGILORoboCuppers
    9 CoPS-Stuttgart
    10 MilanRobocupTeam(MRT)
    11 ISePorto
    12 AttemptoTuebingen
    13 JIAO-LONG
    14 FU-Fighters
    15 ClockworkOrange
    16 CAMBADA
    17 MostlyHarmless
    18 AllemaniACs

  • 出場権獲得
  • (ただし、4月15日までに参加登録等を完了)
    19 PhilipsRoboCupTeam (オランダ フィリップス社)
    20 Persia (イラン)
    21 5dpo-2000 (ポルトガル)
    22 Brainstormers-Tribots (ドイツ)
    23 WinKIT (日本 金沢工大)
    24 Muratec-FC (日本 村田機械)

  • 補欠
  • 25 IAUT
    26 TKU-MSI
    27 Robofoot-EPM
    28 AROS
    29 MU-Penguins
    30 Passargad
    31 MRL
    32 G9(Group9)
    33 SunDepth

  • 失格
  • 34 KITRobo
    35 DOMIC

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。