ubuntuでonedriveを使用

今まで、自分のPCではLinuxとWindowsを両方とも使わなければならないのでデュアルブートをしていた。デュアルブートでは2つのOSを同時に使うことはできないし、ハードディスクの使用も無駄があるので、試験的にubuntuにvmwareを入れて、そのゲストOSとしてWindows10をインストールして使い始めた。

そこで、問題になるのがOneDriveである。常にオンライン環境ではないので、ローカルPCにもOneDriveの全てのフアイルを保存し、同期して作業をしている。これらのファイルをどこに保存するか考えたところ、仮想マシン上よりubuntu上の方が、LinuxからもWindowsからもアクセスが容易なことからubuntu上に保存することにした。

OneDriveのLinuxクライアントを調べたところ、このウェブサイトに方法が記載されていたので、それに従った。ただ、makeでエラーが出てコンパイルできないので、このサイトのReadme.mdに従ってインストールした。以下はその作業のメモ。

環 境

  • Ubuntu 16.04.4
  • Windows10.1

準 備

  • sudo apt install build-essential
  • sudo apt install libcurl4-openssl-dev
  • sudo apt install libsqlite3-dev
  • curl -fsS https://dlang.org/install.sh | bash -s dmd

コンパイル

  • source ~/dlang/dmd-2.081.2/activate
  • cd ~/src
  • git clone https://github.com/abraunegg/onedrive.git
  • cd onedrive
  • make
  • sudo make install

クライアントの使用

  • onedrive --synchronize
    • マイクロソフトのアカウントにログインして、アプリケーションにファイルへのアクセス許可を与える必要がある。与えると空白ページにリダイレクトされるので、そのURLをコピーして、端末に貼り付ける。この作業は、ここに写真入りで詳しく書かれている。
    • ~/OneDriveにファイルがダウンロードされる。初回は、ファイルの容量とネットワークのスピードによるがこの作業に相当時間がかかる。

サービス化

  • Ubuntu起動時に自動的に立ち上がるようにする。
    • systemctl --user enable onedrive
    • systemctl --user start onedrive
  • ログを見る
    • journalctl --user-unit onedrive -f

 

詳しい使い方は以下のURLを参照してください。

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください