irrDrawStuffのインストール法 (Linux + gmake)

legged: 4脚ロボットのデモプログラム

legged: 4脚ロボットのデモプログラム

irrDrawStuffのLinux+gmakeでのインストール法を説明します。ここでは、LinuxディストリビューションとしてUbuntu10.04を使います。

  1. 準 備
    • g++, OpenGL, premakeがインストールされていない場合は、まず、それらを準備しましょう。Ubuntuの場合,標準では入っていないので以下の操作が必要になります。
    • g++のインストール
      • $ sudo apt-get install g++
    • OpenGLのインストール
      • $ sudo apt-get install freeglut3 freeglut3-dbg freeglut3-dev
  2. irrDrawStuffのインストール
    • ここからを最新版をダウンロードし以下のディクレトリの中に保存します。
      • /home/ユーザ名/src
    • 端末を開き、次のコマンドで展開します。
      • cd src
      • unzip  irrDrawStuff-バージョン番号.zip
    • ビルドするためにはpremake4が必要です. Linux用のバイナリはここからダウンロードできます。適当な場所に置き次のコマンドで展開して、パスが通っているところにコピーしてください。
      • tar xvzf premake-4.0-linux.tar.gz
    • ビルドをするためのワークスペースを作ります。以下のようにコマンドを打ち込む.カットアンドペースト の場合は以下の文字列を使用し,自分で打ち込む場合は2個の-(マイナス)文字がつながって見えるので,下画像を参照して注意深く打ち込んでください.
      • cd  irrDrawStuff-バージョン番号/build    注:cdコマンドはディレクトリの移動
      • premake4 --with-demos  gmake

        注:withの前は-(マイナス)が2個連続している.下画像参照.

    • 成功するとgmakeというフォルダができる.フォルダ構成は以下となる.
      • /home/ユーザ名/src/irrDrawStuff-バージョン番号/build/gmake
  3. irrDrawStuffのビルド
    • cd  /home/ユーザ名/src/irrDrawStuff-バージョン番号/build/gmake
    • make
    • 成功すると~/src/irrDrawStuff-バージョン番号/lib/DebugLibの中にデモプログラムのバイナリとライブラリlibirrdrawstuff.aが生成される。ためしに、./leggedと実行して上図のようなウインドウが開けばOK。
    • なお、エラーが出る場合は以下のpremake4.lua_.gzをダウンロードし、gunzip premake4.lua_.gzというコマンドで解凍して、 /home/ユーザ名/src/irrDrawStuff-バージョン番号/build/premake4.luaと入れ替えてください。
    • 終わり
3 Comments
  1. irrDrawStuffのgmakeインストール法, 早速教えていただきましてありがとうございます.先日, 質問させていただきましたhiroです.さて,gmakeディレクトリにて,makeしましたが以下のエラーがでました.
    ==== Building amotor ====
    Creating obj/DebugLib/amotor
    amotor.cpp
    Linking amotor
    /usr/bin/ld: cannot find -lode_doubled
    collect2: ld はステータス 1 で終了しました
    make[1]: *** [../../lib/DebugLib/amotor] エラー 1
    make: *** [amotor] エラー 2
    ライブラリのode_doubledがないということでしょうか. ode-0.11.1のconfigオプションは
    –enable-double-precision –enable-sharedをつけました. 出村先生のシミュレーション本も
    実行できていますので, odeのインストールは問題ないと思いますが.申し訳ありませんが,もう少し
    教えていただけますでしょうか.

    • libode_doubled.aはどこにありますか?

      相対パスで指定しているので、
      ~/src/ode-0.11.1/lib/DebugDoubleLib/libode_doubled.a
      ~/src/irrDrawStuff-0.0.4/lib/DebugLib/libirrdrawstuffd.a

      の位置関係を前提としています。

      odeとirrDrawStuffの位置関係を教えてください。

      でむ

      • ご迷惑お掛けしております.hiroです.
        私も変だとは思ったのですが, libode_doubled.aが見当たらなく,~/src/ode-0.11.1/下にlibディレクトリができていません. configureのオプションは–enable-double-decision(前回お知らせした–enable-sharedはつけていませんでした)です. なおautogen.shは実行していません(INSTALL.txtによるとSourceForgeから入手した場合には必要ないとありましたので).~/src/irrDrawStuff-0.0.4/lib/DebugLib/libirrdrawstuffd.aは間違いありません. libode_doubledがないのですから,エラーが出るのは当たり前ですね. libディレクトリができないのが不可解です.あるのはGIMPACT,build,ode,OPCODE,drawstuff,include,tests,ou,toolsディレクトリです.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。