CVAT: Computer Vision Annotation Toolインストールメモ

OpenCVが開発しているCVAT(Computer Vision Annotation Tool)のインストールメモ。Dockerを使うのでインストールはとても簡単。ライセンスはMIT Licenseなので使いやすい。次の公式サイトのInstallation Guideの説明に従ってインストールした。特に問題がなかったので、この記事はInstallation Guideを意訳したものになっているので、公式サイトのInstallation Guideに従ってインストールするのが良い。英語が苦手は方は参考になるかもしれない。

公式サイト

環 境

  • Razer  Blade 15 (2018)
  • Ubuntu 18.04
  • Kernel 5.3.0-40-generic
  • Python 3.6.9
  • Google Chrome:ウェブブラウザはChromeしか対応していない。

インストール

  1. 端末を開き、次のコマンドを実行してdockerをインストールする。
    • $ sudo apt update
    • $ sudo apt install -y apt-transport-https  ca-certificates curl gnupg-agent software-properties-common
    • $ curl -fsSL https://download.docker.com/linux/ubuntu/gpg | sudo apt-key add –
    • $ sudo add-apt-repository “deb [arch=amd64] https://download.docker.com/linux/ubuntu $(lsb_release -cs) stable”
    • $ sudo apt update
    • $ sudo apt install -y docker-ce docker-ce-cli containerd.io
  2. ルート権限がなくてもdockerを実行できるように設定する。
    • $ sudo groupadd docker
    • $ sudo usermod -aG docker $USER
    • ログアウト、再ログインしてdockerがグループに追加されたか次のコマンドで確認する。dockerが表示されればOK。
      • $ groups
  3. docker-compose (1.19.0以上)をインストールする。docker-composeは複数のコンテナを定義したり実行したりするためのdockerのツール。
    • $ sudo apt install -y python3-pip
    • $ sudo python3 -m pip install docker-compose
  4. CVATのソースコードをGitHubのレポジトリからクローンする。
    • $ cd  ~/src
    • $ git clone https://github.com/opencv/cvat
    • $ cd cvat
  5. 次のコマンドでdockerのイメージをビルドする。Ubuntu16.04のdockerイメージとCVATサーバーを実行するために必要な全てのファイルをダウンロードする。
    • $ docker-compose build
  6. dockerコンテナの実行
    • $ docker-compose up -d
  7.  管理者(superuser)の生成
    • $ docker exec -it cvat bash -ic 'python3 ~/manage.py createsuperuser'
    • 管理者アカウントのパスワードを決める。詳細はDjangoドキュメントを参照。なお、DjangoはWEBアプリケーションを開発するためのフレームワークで、CVATに使われている。
  8. Google Chromeのインストール。CVATはChromeしか対応していないので、インストールしていない以下のコマンドでインストールをする。
      • $ curl https://dl-ssl.google.com/linux/linux_signing_key.pub | sudo apt-key add –
      • $ sudo sh -c ‘echo “deb [arch=amd64] http://dl.google.com/linux/chrome/deb/ stable main” >> /etc/apt/sources.list.d/google-chrome.list’
      • $ sudo apt-get update
      • $ sudo apt-get install -y google-chrome-stable

実 行

  • CVATをdockerでインストールしたので、次のコマンドでCVATのdockerコンテナを起動する。-dのオプションをつけるとバックグラウンドで実行するので、実行した端末で作業を続けることができる。
    • $ cd ~/src/cvat
    • $ docker-compose up -d
  • CVATはサーバーアプリケーションなので、CVATを起動したらChromeを起動して、localhost:8080にアクセスする。
  • 管理者としてログインしてパスワードを入力する。これでアノテーション作業が可能となる。詳細は以下のリンクを参照。CVATのドキュメントはとても詳しい。

終わり

コメント

Folding@home Kanazawa (ID 257261)

みんなのためにおうちで新型コロナウイルスを解析しよう!

タイトルとURLをコピーしました