つくばチャレンジ2009: 開発環境の設定

開発環境設定のメモ

  • ユーザの設定
    • ユーザ名: demulab
    • /home/demulab/.bashrcの変更
      • cd
      • cp   .bashrc    .bashrc.org
      • bashrcをダウンロードし、/home/demulab/に保存する
      • cp   bashrc    .bashrc
      • なお、QTのインストール先が違う場合は.bashrcの次の行を自分のディレクトリに変更すること
        • QTDIR=/home/demulab/qtsdk-2009.03/qt
    • ルートのパスワード設定
      • sudo  su
      • パスワードを聞かれるので入力する
      • passwd
  • ネットワークの設定
    • システム→設定→ネットワークのプロキシ
    • KIT情報処理サービスセンタのページを参考にネットワークのプロキシを設定する。
  • 日本語環境のセットアップ
    • システム→システム管理→日本語環境セットアップヘルパで必要なソフトをインストール
  • C, C++言語の開発環境 
    • sudo aptitude install build-essential
  • Qtのインストール
    • http://qt.nokia.com/downloads-jpからhttp://www.qtsoftware.com/downloads/sdk-linux-x11-32bit-cpp を/home/demulab/に ダウンロード
    • chmod u+x  qt-sdk-linux-x86-opensource-2009.03.1.bin
    • ./qt-sdk-linux-x86-opensource-2009.03.1.bin
    • Setupのウインドウが開くので指示に従ってインストール
    • Qtが原因のエラーをなくすために以下のパッケージをインストール
    • sudo aptitude install libglib2.0-dev
    • sudo aptitude install libxrender-dev
    • sudo aptitude install libfontconfig1-dev
  • SDLのインストール
    • sudo aptitude install libSDL1.2-dev
    • sudo aptitude install libsdl-net1.2-dev
  • Boostのインストール
    • sudo aptitude install libboost1.35-dev libboost1.35-dbg libboost1.35-doc
  • Urg-0.8.0のインストール
    • cd
    • mkdir src
    • ここからurg-0.8.0.tgzをダウンロードし,/home/demulab/srcの中にダウンロードする
      • なお,ユーザ名,パスワードはプレゼミ時連絡する.
    • tar xvzf  urg-0.8.0.tgz
    • cd  urg-0.8.0
    • ./configure
    • make
    • sudo make install
    • なお、Ubuntuのパッケージインストールする場合はboost1.35でないとmakeで失敗します。
  • gpsdのインストール
    • gpsdと通信するクライアントプログラムを作成するためにソースコードを取ってきて参考にした.ライブラリはソースコード付属のlibgps.aを使用.
    • gpsd – a gps service deamonからgpsd-2.39.tar.gzをダウンロード
    • sudo apt-get install  automake
    • sudo apt-get install libtool
    • sudo apt-get install libmotif-dev
    • sudo apt-get install libxp-dev
    • sudo apt-get install libxaw7-dev
    • ./autogen.sh
    • make
    • sudo make install
  • モータコントローラ用ドライバのインストール
    • ここからurbtc2.6.tgzをダウンロードし,/home/demulab/srcの中にコピーする.
      • なお,ユーザ名,パスワードはプレゼミ時連絡する.
    • cd  src
    • tar xvzf   urbtc2.6.tgz
    • 成功すると/home/demulab/src/urbtc2.6/driver/urbtc.koというファイルが生成される.ない,場合はもう一度,注意深く上記の作業を実行.
    • /etc/rc.localのexit 0の一行上に以下のコードを書く.
      • /sbin/insmod  /home/demulab/src/urbtc2.6/driver/urbtc.ko
  • 音声合成ライブラリのインストール
    • sudo apt-get install  libepeak-dev
    • sudo apt-get install  libportaudio-dev
  • ソースコードのダウンロードとmake
    • ここからtukuba5-091217.tgzをダウンロードし,/home/demulab/srcの中にコピーする.
      • なお,ユーザ名,パスワードはプレゼミ時連絡する.
    • cd  src
    • tar  xvzf   tukuba5-091217.tgz
    • cd  tukuba5-091217
    • qmake
    • make
    • ./start

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。