Razer Blade 15 環境設定メモ (Xubuntu16.04.2, Cuda9.2)

現時点では、15インチのゲーミングノートPCでは世界最小といわれているRazer Blade 15 にxubuntu16.04.2, Cuda9.2をインストールしたときのメモ。Alienware  15と比較すると非常にコンパクト、スリムでライトウェイト(1kg以上も軽い)。これなら、モバイルできる。

  • 環境
    • Razer Blade 15
      (CPU: Intel i7-8750H, Memory:16GB, GPU: Nvidia 1070 Max-Q Design, Memory: 8GB)
    • xubuntu 16.04.2 (DVDメディアでインストールし、upgrade後は16.04.05)
    • Kernel 4.15.0-30-generic
    • gcc/g++ 5.4.0
  • CAPS LOCKとCTRLキーの入れ替え
    • /etc/default/keyboardのXKBOPTIONS=”ctrl:nocaps”と変更する。
  •  ホームディレクトリにある日本語ファイル名を英語に変換
    • 次のコマンドを端末で実行
      • LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update
    • ウインドウが開くので右下の[Update Names]をクリックして変更し、再起動する。
    • 再起動するとBluetooh関連のBluemanが”/home/ユーザー名/ダウンロード”というディレクトリがないとエラーを吐くので次のコマンドでBlueman mangerを起動する。
      • sudo blueman-manager
    • 表示->ローカルサービス->転送->転送設定のIncoming FolderでDownloadsを選び、Applyをクリックし、closeをクリックしウインドウを閉じる。
  •  すぐ使うソフトウェアのインストール
    • sudo apt install  emacs  git 
  •  準備
    • NVIDIAのドライバをインストールしていないので、起動するとIntelのGPUでXが起動する。Ctlr+Alt+F1でXを落とす
    • sudo apt update
    • sudo apt upgrade
    • sudo service lightdm stop
  •  NVIDIAドライバのインストール
    • sudo add-apt-repository ppa:graphics-drivers/ppa
    • sudo apt update
    • sudo apt install nvidia-390  nvidia-settings
    • sudo reboot
  •  NVIDIAのウェブサイトからCuda9.2のインストール
    • Linux->x86_64->ubuntu->16.04->dev(local)を選択
    • Download (1.2GB)をクリックし、ダウンドードが完了するまで待つ。
    • sudo dpkg -i cuda-repo-ubuntu1604-9-2-local_9.2.148-1_amd64.deb
    • sudo apt-key add /var/cuda-repo-9-2-local/7fa2af80.pub
    • sudo apt-get update
    • sudo apt-get install cuda
    • .bashrcに以下を追加し、CUDAのパスを通す
      • export PATH=/usr/local/cuda-9.2/bin${PATH:+:${PATH}}
  • NVIDIAのウェブからcuDNNのインストール
    • nvidiaのdeveloperに登録しないとダウンロードできないので登録する。
    • Download cuDNN v7.2.1 for CUDA9.2をクリック
    • cuDNN v7.1.4 for Runtime Library for Ubuntu16.04 (Deb)とcuDNN v7.1.4 Developer Library for Ubuntu16.04 (Deb)をダウンロードする。
    • sudo dpkg -i libcudnn7_7.2.1.38-1+cuda9.2_amd64.deb
    • sudo dpkg -i libcudnn7-dev_7.2.138-1+cuda9.2_amd64.deb
  • OpenCV3.4.0のインストール
  • ROS Kineticのインストール
  • YOLO V3のインストール

終わり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください