OpenKiosk: 無人情報端末化

キオスク端末とは公共の場などに置かれた無人の情報端末のことで、OpenKioskはWindows、Linux、OSXなどでキオスク端末を実現するオープンソースのソフトウェアです。授業ではオンラインテストに使います。

  • インストール
    • ここをクリックしてソフトウェアをダウンロードする。
    • openkiosk-47.0.2.2-2017-05-11.msiをダブルクリックする。
    • 以下のウインドウが開くので[Next>]をクリック
    • [I accept the terms in the License Agreement]にチェックを入れて[Next>]をクリック。
    • [Install]をクリック
    • [Install]をクリック
    • 以下の画面になる。[Finish]をクリックしてインストールを終了する。
  • 設定
    • デスクトップにOpenKioskのアイコンがあるのでダブルクリックして起動する。
    • OpenKioskが全画面表示される。[Shiftキー]を押しながら[F1キー]を押す。パスワードを聞かれるので、初期値adminを入力する。
    • 左メニューバー [General]をクリック
      • Home Page: 指定されたアドレスを設定する。
    • 左メニューバー [Content]をクリック
      • Pop-ups: Block pop up windowsにチェックを入れる
    • 左メニューバー [OpenKiosk]をクリック
      • Sessionタブをクリック
        • デフォルトではReset Sessionにチェックが入っており、5分経過すると強制的にログアウトになるので、下図のようにチェックを外す。これは重要。

      •  Screensタブをクリック
        • Full Screen: Enable Full Screenにチェックを入れる
      • Customizeタブをクリック
        • Tabbed Browsing: Enable Tabbed Browsingのチェックを外す。下図の赤枠でもしチェックがついていたら外す。
      • 以上で設定終わり。File->exitでOpenKioskを終了する。

以上

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。