UBUNTU16.04: PCL1.8.0のインストール

PCL1.8.0をソースからインストールしたときのメモ。

環境

  • CPU: Intel(R) Core(TM) i7-8700K CPU @ 3.70GHz (6 core)
  • GPU: NVIDIA GTX 1080Ti
  • Memory: 32GB
  • Ubuntu16.04

インストール

  • ここからダウンロードして~/srcの下に保存。
  • cd ~/src
  • tar  xvzf  pcl-pcl-1.8.0.tar.gz
  • mv  pcl-pcl-1.8.0  pcl-1.8.0    (フォルダ名が長いので短く)
  • cd pcl-1.8.0
  • mkdir build
  • cd build
  • cmake-gui &
    次のようなウインドウが開くので、Where is the source codeとWhere to build the binariesにパスを設定し、[Configure]をクリックする。図のようにBUILD_2d、BUILD_appsなどにチェックを入れる。図の青い部分以外は変更していない。[Generate]をクリックする。
    BUILD_CUDA、BUILD_GPUはエラーが出たので今回はオフにした。

  • make -j 12    (12の部分は環境によって変えてください)
  • sudo make install

テスト

  • 以下のファイルをダウンロードして~/dataに保存する。
  • cd data
  • gunzip can.pcd.gz
  • 以下のコマンドを実行して、下の図が表示されれば成功。
    • pcl_viewer ~/data/can.pcd

以上、お疲れ様!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください