WSL: proxyの切り替えスクリプト

WSL(Windows Subsystem for Linux)を講義で使用しているが、標準ではproxy切り替えのGUIツールがなく.bashrcの設定をいちいと書き直すのも手間がかかるのでスクリプトを作成した。proxy.shがプロキシ設定、noproxy.shがプロキシ設定解除。

  • proxy.shの中身は以下のスクリプト。なお、スクリプトは簡易的なプログラミング言語で機械語へのコンパイルをしないで、直接実行できる。
#!/bin/sh
export ftp_proxy="ftp://プロキシ―サーバー名:ポート番号/"
export http_proxy="http://プロキシ―サーバー名:ポート番号/"
export https_proxy="https://プロキシ―サーバー名:ポート番号/"
echo "Set proxy"
echo $ftp_proxy
echo $http_proxy
echo $https_proxy
  • noproxy.shの中身は以下のスクリプト
#!/bin/bash
export ftp_proxy=""
export http_proxy=""
export https_proxy=""
echo "Unset proxy"
  • 実行方法
    • proxy.shとnoproxy.shファイルをgeditなどのエディタで作成し、ホームディレクトリに保存する。
    •  次のコマンドで実行権を与える
      • $ cd
      • $ chmod u+x  proxy.sh
      • $ chmod u+x  noproxy.sh
    • 実行
      • 移動
        • $ cd
      •  プロキシ設定
        • ./proxy.sh
      • プロキシ解除
        • ./noproxy.sh

終り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください