ミドリムシが世界を救う

izumo

 

KIT人材開発セミナーで株式会社ユーグレナの出雲氏の「ミドリムシ」講演を聞く。ミドリムシは虫ではなく、藻の一種でありながら鞭毛を持ち運動することができる単細胞生物。59種類の栄養素を持ち食糧不足解消、バイオ燃料にもなり温暖化防止にも寄与するという。

彼の話を聞くとイノベーションを成功させるためには情熱がいかに大切かがわかる。101回目のプロポーズならず、501回目での受注。諦めない気持ちがすごい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。