Ubuntu18.04: Dockerのインストール

DockerをUbuntu18.04にインストールしたときのメモ。Dockerの公式サイトdocs.docker.comに従っている。

参考サイト

古いバージョンの削除

  • 以下のコマンドで古いバージョンを削除する。インストールされていなければ、インストールされていないと表示される。
    • sudo apt-get remove docker docker-engine docker.io containerd runc

インストール

  • リポジトリの設定
    • $ sudo apt update
    • $ sudo apt install apt-transport-https ca-certificates curl gnupg
  • Docker公式GPG鍵を追加
    • $ curl -fsSL https://download.docker.com/linux/ubuntu/gpg | sudo gpg --dearmor -o /usr/share/keyrings/docker-archive-keyring.gpg
  • リポジトリの追加
    • x86_64/amd64 (Intel,  AMD 64bit CPU)
      • $ echo "deb [arch=amd64 signed-by=/usr/share/keyrings/docker-archive-keyring.gpg] https://download.docker.com/linux/ubuntu $(lsb_release -cs) stable" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/docker.list > /dev/null
    • arm64 (ARM 64bit CPU,  Raspberry Pi4ならこちら)
      • $ echo "deb [arch=arm64 signed-by=/usr/share/keyrings/docker-archive-keyring.gpg] https://download.docker.com/linux/ubuntu  $(lsb_release -cs) stable" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/docker.list > /dev/null
  • DOCKERエンジンのインストール
    • $ sudo apt update
    • $ sudo apt install docker-ce docker-ce-cli containerd.io
  • テスト
    • うまくインストールされたか以下のコマンドでテストする。このコマンドにより、テストイメージをダウンロードしてコンテナ内で実行する。実行では情報を表示して終了する。
      • $ sudo docker run hello-world

インストール後の設定

  • DockerデーモンはTCPポートではなく、UNIXソケットをバインドするのでルート権限が必要になる。そのため、dockerコマンドを実行するときはsudoを前につけなければならない。いちいち付けるのが面倒な場合は、以下の設定を行う。
    • dockerグループを作る。
      • $ sudo groupadd docker
    • ユーザをdockerグループに追加する。
      • $ sudo usermod -aG docker $USER
    • グループの変化をシステムに反映させる。
      • $ newgrp docker
    • テスト。先ほどはsudoをつけて実行したが、なしでやってみよう。
      • $ docker run hello-world
  • ブート時にDocker の自動起動
    • 設定
      • $ sudo systemctl enable docker.service
      • $ sudo systemctl enable containerd.service
    • 解除
      • $ sudo systemctl disable docker.service
      • $ sudo systemctl disable containerd.service

終わり

コメント

Folding@home Kanazawa (ID 257261)

みんなのためにおうちで新型コロナウイルスを解析しよう!

タイトルとURLをコピーしました