MYCOMジャーナルにもロボカップジャパンオープンの記事が

 HIDEさんからの情報によるとMYCOMジャーナルには大塚実さんによるジャパンオープン2006の記事が掲載されています.こちらの方がより詳しいですね.

ロボット界のナカタ、シュンスケ現る? ロボカップ2006国内大会, MYCOMジャーナル

記事には今大会では上位チームの力がかなり接近してきたので,世界大会では日本勢の活躍が期待できるニュアンスでしたが,ジャパンオープンの結果を見るとHibikino-Musashi以外は苦戦が予想されます.

恐らく,フィリップスはもちろんのこと,ドイツ勢のCOPS,Tribot,Fu-Fighters,ポルトガルのMinhoはHikibinoより強力なループシュートを打ってくるでしょう.Hibikinoチームを仮想ヨーロッパチームとして考えた場合,EIGENでさえも十分に対抗できず2失点を許してしまいました.WinKITにいたっては4失点です.キック力の弱いEIGENやWinKITはなかなか得点することができませんでした.

しかも,日本勢はロボットを空輸しなければいけませんので発送が今月末になります.一方,母国開催のドイツチームは車で運べばよいので大会直前までロボットの調整が可能です.この約2週間の差はとてつもなく大きいのです.

日本勢にとってロボカップ世界大会中型ロボットリーグは非常に厳しい戦いになることでしょう.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。