Ubuntu14.04でUrgViewer

Ubuntu14.04 LTS 日本語 RemixでUrgViewerのビルドしたときのメモです。

なお、以下のウェブサイトを参考にしました。ありがとうございます。Ubuntu14.04はQT5なのでその部分が違います。
http://mohammedari.blogspot.jp/2013/10/ubuntuurgviewertopurg.html

  • /etc/udev/rules.dに60-cdcacm.rulesを作る。もし、60番が既に使われていたら違う番号にする。ファイルの中身は以下のとおり。

    KERNEL=="ttyACM*", MODE:="0666"
  • 次のコマンドでudevサービスをリスタートさせ、LidarのUSBを抜き差しする。
    $ sudo service udev restart
  • Ubuntu用のバイナリがないのでソースからビルドする。まず、ここからUrg_viewer-2.0.6.tar.gzをダウンロードし、ファイルを~/srcに移動し、次のコマンドで展開する。

    $ cd ~/src
    $ tar xvzf Urg_viewer-2.0.7.tar.gz
  • UrgviewerはQTを使っているのでライブラリをインストールする。

    $ sudo apt-get install qt-sdk
  • Urg_viewer-2.0.7はQT4を使っているのでQT5のqmakeだとビルドできない。qmake-qt4コマンドを使う。

    $ cd ~/src/Urg_viewer-2.0.7
    $ qmake-qt4
    $ make
  • 次のコマンで実行する。終わり。

    $ ./Urg_viewer

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。