Windows用pthreadインストールメモ

Linuxで作成したpthreadを使うプログラムをWindowsでコンパイルする必要があり,そのときのメモ.開発環境はWindows7,  Codeblocks 13.12 + MinGW.

CodeblocksはMinGW付きのパッケージを選択できるのでそれを利用.g++,  make, gdbなどの開発環境は入っているが,Pthreadが必要なのでWindows用のものをダウンロードする.それをMinGWのディレクトリにコピーして終わり.以下はその具体的な作業.

  • Pthread関係で必要なファイルをsourceforgeのmingwプロジェクトpthreadのページから次のファイルをダウンロードする.
    • pthreads-w32-2.9.1-1-mingw32-dev.tar.lzma
    • pthreads-w32-2.9.1-1-mingw32-dll.tar.lzma
  • lzmaで圧縮されているので,7zipを解凍できるソフトで解凍する.7-zipのサイトにウインドウズ用のソフトがある.
  • 解凍すると以下のファイルができる.
    • pthreads-w32-2.9.1-1-mingw32-dev\mingw
      • include
        • pthread.h
        • sched.h
        • semaphore.h
      • lib
        • libpthreawd.a, libpthread.dll.a, libpthreadGC2.a, libpthreadGC2.dll.a, libpthreawdGCE2.dll.a
    • pthreads-w32-2.9.1-1-mingw32-dll.tar
      • bin
        • pthreadGC2.dll, pthreadGCE2.dll
  • 上記のファイルを以下のディレクトリ(フォルダ)のbin, include, libの中にそれぞれコピーする.
    • 64ビットOS
      • c:\Program Files (x86) \CodeBlocks\MinGW\
    • 32ビットOS
      • c:\Program Files\CodeBlocks\MinGW\

終わり

でむ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。