ロボットプログラミングⅡ:Virtual Box 5.0 + Ubuntu14.04 インストール

この記事は私が担当している講義ロボットプログラミングⅡ用です。

ここでは、Virtualbox5.0+Ubuntu14.04のインストール法を紹介します。Virtualbox5.0になってから3Dアクセラレータに対応してかなり快適になりました。

○ VirtualBoxのインストール

(1) VirtualBoxのダウンロード

ここをクリックしてVirtualBox 5.0.4 for Windows hostsのx86/amd をダウンロードする。

vm-download

(2) Extention Packのダウンロード
ここをクリッしてVirtualBox 5.0.4 Oracle VM VirtualBox Extension をダウンロードする。

extention

(3) ダウンロードしたVirtualBox-5.0.4-102546-Win.exeファイルをダブルクリックすると以下のsetup画面になる。[Next]をクリック。

vm-inst1

(4)  何もしないので、[Next]をクリック。

vm-inst2

(5) 何も変更しないで、[Next]をクリック。

vm-inst3

(6) Warning(警告)が出るかこのまま、[Yes]をクリック。

vm-inst4

(7)  インストールの準備完了。[Next]をクリック。

vm-inst5

(8) インストールが始まる。

vm-inst6

途中でウインドウが開き「このデバイスソフトウェアをインストールしますか?名前:Oracle corporation ユニバーサルシリアルパスコントローラ」などデバイスソフトウェアのインスト―ルを聞かれるので、全て「インストール」する。

usb

(9) インストールが終わったので[Finish]をクリックすると、VirtualBoxが起動する。

vm-inst-end

○ 拡張パッケージのインストール

(1) USB2.0/3.0を使えるようにダウンロードしておいたExtention Packをインストールする.

ファイル→環境設定→機能拡張

Oracle_VM_VirtualBox_Extension_Pack…..vbox-extpackを選択し,「OK」をクリックする.

vm-extention1

(2) 質問のウインドウになるので,「インストール」をクリックする.

vm-extention2

(3) 環境設定の画面が以下のようになっていたら,「OK」をクリックして終了する.
vm-extention3

○ 仮想ハードディスクファイルのダウンロードと解凍

(1)  Cドライブ直下に以下のフォルダを作成する

  • c:\education\VirtualBox

(2) 以下のサイトからVHDファイルを以下を(1)で作成したフォルダへダウンロードし、zipで圧縮されているので、適当なソフトを使い解凍する。

○ 仮想マシンの登録と起動

(1) VirtualBoxを起動して、左上の[新規(N)]をクリックする。

vm1-welcome

(2) 仮想マシンの名前を[eagle]、タイプを[Linux]、バージョンを[Ubuntu(64-bit)]に選び、「次へ」をクリック。Ubuntu(32-bit)だとインストールに失敗するのでUbuntu(64-bit)がない場合は下の注を参照。

reg1

注:ここで、Ubuntu (64-bit)がなくUbuntu(32-bit)しかない場合は、コントロールパネル」→「プログラム」→「プログラムと機能」の「Windowsの機能の有効化と無効化」をクリックし、下図のようにHyper-Vのチェックを外す。
hyper-v

(3) 仮想マシンに割り当てるメモリーサイズを、実メモリの半分にする。
私のマシンでは8192MB使えるので半分の4096MB割り当てた。
「次へ」をクリック。

reg2

(4) 仮想ハードドライブファイルを指定する。「すでにある仮想ハードドライブファイルを使用する」にチェックを入れ、Cドライブ直下の
c:\education\VirtualBoxに「ubuntu-ja-14.04-desktop-amd64.vhd」ファイルがあるので、それを指定し、[作成]をクリック。
これでVirtualBoxの設定終了。

reg3

(5) 緑矢印の「起動」をクリック。

reg4

 

(6) しばらくすると黒い画面から下図のグラフィカルの画面になる。「日本語」がオレンジ色になっていることを確認して、「続ける」をクリック。

reg5

(7) 「 どこに住んでいますか?」と聞かれるので、そのまま「続ける」をクリック。

vm9-place

(8) 「日本語」が選択されていることを確認して「続ける」をクリック。

reg6

(9) 「あなたの情報を入力してください」と聞かれるので次のようにする。

■ あなたの名前: ローマ字(英数半角)で苗字 名前
■ コンピュータの名前:b学籍番号
■ ユーザー名の入力: ローマ字(英数半角)で苗字
■ パスワード:好きなパスワードを入れること。忘れないようにどこかにメモをすること。忘れた場合は、こちらでもわからないので、インストールのやり直しになる。

個人でしか使わないので,「自動的にログインする」を選択する.

reg7

(10) 設定作業が終わるまでしばらく時間がかかるので待つ。10分もかからない。

reg8

(11)  (9)で自動的にログインするを選択したので,デスクトップがすぐ開く. 左列アイコンの一番上のUbuntuのマークアイコン(Dashホーム)をクリックして、下図のように四角い入力部分に[terminal]を入力し[enterキー]を押す。terminalは端末のことで、ここにコマンドを打ち込み。この演習ではよく使う。

vm14-dash

(12) 下図のように端末が現れたら成功。お疲れ様!

vm15-terminal

終わり

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。