興味深い○○サイト見つけました。

ハーバード大学白熱教室の放送により日本でも著名なサンデル教授の著書「これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学
」を探しているうちに興味深い記事を見つけ、その○○サイトも面白かったので紹介します。

それはビジネスサイト Business Media 誠 です。

ビジネスだけではなく、教育関連の記事も結構あるので参考になります。以下の記事はお勧めです。

理工系の講義は数式を使わなければならないので、サンデル教授のような講義を行うことは難しいですが、その教室を白熱にする方法は応用可能です。

その方法とは、双方向のコミニュケーションにあると思います。通常の講義では、教員から学生へ一方向ですが、サンデル教授の講義では教授から学生へ疑問を投げかけ、学生は教授へ自分の意見を投げ返す。その双方向のコミニュケーションを通じて議論の質や考え方が高められ、今までより高い視点で問題を見つめなおすことができる。教授と学生の一体感が生まれるのだと思います。

サンデル教授の講義で参考になったことがもう一つありました。それは、黒板もパワーポイントもないということです。そういうものがないことにより、教授や学生の発言に集中できます。理工系の場合、数式があるので言葉だけでは理解が難しく全く0にはできないと思いますが、パワーポイントのスライドが百枚も流れる講義は学生の頭に残らないでしょう。

私の次の講演では今までテンコ盛りだったパワーポイントのスライド数を極力減らそうと思います。

でむ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。