バースディパーティにお呼ばれされ

バースディパーティ
Kids Playground
今日は息子がKindergartenの女の子のバースディパーティにお呼ばれされたので家族で参加しました。アメリカではかなり派手に子供のバースディパーティをやるのが普通で、バースディパーティはビジネスとしてなりたっています。それ専用のパーティ会場やマクドナルドなどでもバースディパーティができます。今回のパースディパーティはケンブリッジから車で30分ほどのWoburnにあるパーティ専用の会場Kids Playground で行われました。

会場はその名のとおり子供の遊びで、写真にあるようなチューブとトンネルでできた遊び場や、ミニゴルフ、着せ替え部屋などがあり小学校低学年までの子供なら思う存分楽しむことができます。バースティパーティはこの遊び場で1時間程度自由に子供達を遊ばせ、その後部屋に集まりプレゼントを渡し、ケーキ、ピザを皆で食べました。今回のパーティには親と子供を合わせて30名弱ぐらいがありまり、プレゼントは山のようにありました。こんなにたくさんのプレゼントを一人でもらってどうやって遊ぶか心配になるほどです。子供のころからたくさんのオモチャに囲まれて育つとモノを大切にしなくなるのではないでしょうか。私の子供のころは家がそんなに裕福ではなかったので、親からもらったたった一つのプレゼントをとても大切にした記憶があります。

違った見方をすると現代はモノ、情報が溢れている時代なので、子供のころから多くのモノや情報に触れ、その中で大切なものを見抜く目を鍛えるということにはよいのかもしれません。さらに子供うちから多くのパーティを経験することにより社交性が身につくという長所もあるでしょう。また、子供達は毎日学校でお勉強したり遊んだりしますが、親たちはなかなか交流がありません。特に、我々のような英語の苦手な日本人の場合はなおさらです。今回のパーティで今までほとんど話したことのなかった親達とも話すことができ親の交流も少し深まったと思っています。

0 Comments
  1. はじめまして
    わたしもアメリカのロサアンゼルスに5年前まで住んでました。
    息子が二人いるんですけど、ちょうどそのときKindergartenとFirst Grader でして…
    やっぱり、子供の誕生日は大変ですよね。^^;

    これからちょくちょくよらせていただきますー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。