Jetson Nano: ロボカップジュニアに最適!?

NVIDIAからJetson Nanoが発売された。最近のロボットは認識系でほとんどDeep Learningを使う。ロボカップジュニアではRaspberry Pi良く若われているがDeep Learningを使うには厳しい。Jetson Nanoはサイズがラズペリーパイ程度で、価格が1万円台、GPUは128 CUDAコア、472GFLOP。NVIDIAの資料によるとTiny Yolo V3(416×416)をRaspberry Pi 3で推論したところ0.5 fpts、一方、Jetson Nanoでは25fpと500倍の性能だそうだ。これなら、ロボカップジュニアでも十分に使える。今年の世界大会ではロボットに搭載するチームも出てくるだろう。

NVIDIA Jetson Nano がいかに、数百万もの小型で低コスト、かつ低消費電力の AI デバイス開発を可能するかご紹介します。
NVIDIA Jetson Nano を用いることにより、数百万もの小型で低コスト、かつ低消費電力のこれまでにない AI デバイス開発を可能にします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました