ロボットプログラミングⅡ-2018:Virtualbox5.2の設定

この記事は私が金沢工業大学ロボティクス学科で担当している2018年後学期開講の講義ロボットプログラミングⅡ用です。
この記事では、快適に使うためにVirtualBox5.2の設定を行います。

○ VirtualBoxの設定

(1) VirtualBoxを起動し、「設定」をクリック。

set1

(2) 左欄の「システム」を選択し、「マザーボード」のタブをクリックし、下図のように設定する。メインメモリを実メモリの半分程度(私の場合は4096MB)にし、後の設定は変更しない。

(3) 「プロセッサー」のタブをクリックし、下図のようにCPUの個数を2、使用率制限を100%にする。

set3

(5) 左欄の「ディスプレイ」を選択し、「3Dアクセラレーションの3Dを有効化」に✔を入れ、[OK]をクリック。

(7) 左欄の「USB」を選択し,USB3.0コントローラーに✔を入れ、[OK]をクリック。

set5(8) 「起動」をクリックしてUbuntuをスタートさせる。

setup5

終わり。お疲れ様!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください