irrDrawStuffのインストール法 (VC++2008EE)

irrDrawstuffインストール法を説明します.今回は一番ユーザが多いと思われるWindows VistaとVisual C++ 2008 Expression Editionを使った場合です.ODEが既にインストールされている方はBからスタートしてください.

A. ODEのインストール

B. irrlichtのダウンロードとインストール

C. Visual C++ 2008 Expression Editionの設定

D. irrDrawstuffのダウンロードとインストール


A. ODEのインストール

このページの指示に従ってダウンロード・インストールする.

B. irrlichtのインストール

このページの指示に従ってダウンロード・インストールする.

C. Visual C++ 2008 Expression Editionの設定

1.まず,Visual C++を起動します.ツール(T)→オプション(O)を選択し,VC++ディレクトリのインクルードファイルを以下のように追加する.なお,irrlichtのバージョン番号はお使いのirrlichtのバージョンに変更してください.つまり,irrlicht-1.7.1をお使いの場合は下図のirrlicht-1.6をirrlicht-1.7.1に変更する必要があります.

vsc_option_include

・c:¥ode-バージョン番号¥include

・c:¥irrlicht-バージョン番号¥include

2.VC++ディレクトリのライブラリファイルを以下のように追加する.

vsc_option_lib

・ c:\irrlicht-バージョン番号\lib\Win32-visualstudio

D. irrDrawstuffのダウンロードとインストール

1.このページからダウンロードし,デスクトップへ保存する.

2.解凍ソフトの準備(持っていない方のみ)

irrDrawstuffバージョン.zipはzipフォーマットで圧縮されていますのでzipを解凍できるソフトウェアをインストールしてください.ここでは,私が愛用しているLhaplusという圧縮・解凍ソフトを使います.GoogleでLhaplusを検索するとダウンロード先を簡単に見つけることができます.

3.解凍と移動

  • デスクトップにあるirrDrawstuffバージョン.zipをダブルクリックすると,irrDrawstuffバージョンというフォルダがデスクトップに生成されます.
  • irrDrawstuffバージョンフォルダをCドライブのすぐ下に移動する.
  • マウスをirrDrawstuffバージョンフォルダに当て,右マウスボタンをクリック,「切り取り(T)」を選択.
  • スタート→(マイ)コンピュータ→ローカルディスク(c)をダブルクリック.
  • マウスの右ボタンをクリックし,「貼り付け(P)」を選択.

4. ビルド

  • Visual C++ 2008 Express Editionを起動
  • メニューバーから「ファイル(F)」→「開く(O)」→「プロジェクト/ソリューション(P)」を選択
  • c:\irrDrawstuff-バージョン番号\build\vs2008\irrdrawstuff.slnを選択
  • ビルドターゲットがDebugLibであることを確認する.
  • 「ビルド(B)」→「ソリューションのビルド(B)」を選択
  • デモプログラムの実行ファイルは次のフォルダに生成される.
    • c:\irrDrawstuff-バージョン番号\lib\DebugLib
  • c:\irrlicht-バージョン番号\bin\Win32-VisualStudioの中のIrrlicht.dllをc:\irrDrawstuff-バージョン番号\lib\DebugLibにコピーする.
  • 試しに,amotor.exeをダブルクリックして起動すればirrDrawstuffのビルド成功.

これで,irrDrawstuffのインストールは終わりです.