PD実践:FutureKreateのインストールと使い方

 


FutureKreateはバージョンアップ中なので、以下の作業は事前にやらないでください。第1週の授業中に指示しますからそれに従ってください(9/16)。

FutureKreateの使い方を説明します。なお、FutureKreateはAthrillより先に起動しなければいけません。まず、FutureKreateを起動しましょう!

  • インストール
    • 以下のリンクをc:\eduフォルダにダウンロードして解凍する。なお、KIT関係者しかダウンロードできない。
    • 解凍すると以下のフォルダができる。フォルダには下図のファイルがある。FutureKreateの実行ファイルfuturekreate-Edu.exeは黄色いオムニロボットアイコン。これをダブルクリックするとFutureKreateが起動する。今後の作業を楽にするためにデスクトップにこのショートカットを作る。
      • c:\edu\futurekreate-edu
  • 起動
    • デスクトップに作成したFutureKreateのアイコンをダブルクリックするとトップの起動画面が開く。
    • 新規の場合は[NEW DATA]ボタンをクリックし、過去保存した設定を使う場合は[LOAD]ボタン、[CONTROLS]をクリックすると操作法がわかる。
  • NEW DATA (新規)
    • SELECT STAGE
      • 練習用環境Robo MiniまたはETロボコン競技会環境Robo Largeを選択できる。[RoboMini]ボタンまたは[RoboLarge]ボタンをクリックする。
    • Items
      • 障害物作成画面になる。障害物を何も作成しないときはすぐ[FINISH]ボタンをクリックする。障害物を作成するときは、Itemsの青いキューブ、シリンダ、ボールをクリックする。キューブを置きたい場所にマウスを移動しクリックする度に1個ずつ置かれる。終わったら[FINISH]ボタンをクリックする。
    • Mmapのパス指定
      • Mmapパス指定画面ではmmapのファイルパスを設定する。パスを直接入力するかあるいはフォルダボタンをクリックしてファイルを選択する。[LAUNCH]をクリックするとFutureKreateが起動する。
        • unity_mmap.bin: c:\edu\unity_mmap.bin
        • athrill_mmap.bin:c:\edu\athrill_mmap.bin
      • ROBO LARGEステージを選択した場合は次のようなウインドウが開く。
  • LOAD (過去設定のロード)
    • FutureKreateの起動画面で[LOAD]ボタンをクリックする。過去保存した画面がアイコンになっているので、ロードしたいものの[Load]ボタンをクリックする。なお、LOADは起動した直後の画面からでしかできないので注意。

  • 起 動
    • LAUNCHすると次の画面になる。カメラの視点を変更するには、左マウスボタンをクリックしながら、マウスを動かす。

    • マウスによるロボット操作
      • 移動:シフトキーを押しながらW,A,S,Dキーまたは矢印キーを押す。
        • 回転:シフトキーを押しながらQ, Eキーを押す。

  • 設定の保存
    • ESCキーを押すと[SETTINGS]の画面になるので[SAVE]ボタンをクリックして保存する。なお、このSETTINGS画面からはLOADできない。LOADは起動時の起動画面からしかできないので注意。

  • 終了
    • FutureKreateを終了するときは、ESCキーを押し[SETTINGS]画面の[EXIT]ボタンをクリックする。

終わり

コメント

Folding@home Kanazawa (ID 257261)

みんなのためにおうちで新型コロナウイルスを解析しよう!

タイトルとURLをコピーしました