2yumekoboの最近のブログ記事

12月8日(土)に夢考房の安全祈願祭、その後、夢考房並びに機械系の関係者による忘年会が開催されました。

その忘年会の席で、今年NHK大学ロボコンで優勝し、ABUロボコンに出場したKIT夢考房チームが書類審査で不合格というショッキングなニュースを知りました。書類審査では71チームがエントリーし、そのうち20チーム前後が選ばれたということです。選考にあたっては、アイディア、手作りロボットの魅力度、ABUロボコンに勝てるかなどが評価されたそうです。

2002年以来書類審査で落選したことはなく、さらに今年優勝した夢考房チームが書類審査で落ちることは常識では考えづらいことです。ABUロボコンに出場した学生達の話を聞くと他の国は国家の威信をかけて勝つためのロボットを作っているとのことです。ところが日本チームは、NHK大学ロボコンがアイディア対決と銘打っているように、確実性はさほど高くありませんが面白いアイディアのロボットが多く見られます。また、タイやベトナムでは参加チームが多く、国内予選を勝ち抜くためには、数多くの実戦を経験し、勝ち上がらなければならないそうです。

このままではロボコンを提唱した日本がABUアジア・太平洋ロボットコンテストで全然勝てなくなるのではないでしょうか。RoboCupも同じような状態でヒューマノイドリーグ以外ではほとんど勝てなくなっています。私はNHK大学ロボコンへの応募書類を読んでいないので書類審査の結果についてコメントできませんが、今年度の優勝、準優勝チームぐらいは書類審査を免除して出場権を獲得させても良いのではないでしょうか。NHK大学ロボコン出場への選出方法を変えなければ、ABU世界大会における日本チームの低迷がしばらく続き、ロボコン競技の日本での発展が阻害されるのではないかと心配です。


Robot Festival 07
デモをするRobot Festival会場。ヒューマノイドの各種競技があり一番人気だ。

KIT夢考房ロボカッププロジェクトは韓国ソウルのCOEX展示場で開催される韓国最大のロボットイベントRobot World 2007の国際ロボットコンテストにおいてRoboCupヒューマノイドロボットのサッカーデモ展示を20日(土)は14時と16時、21日(日)は13時30分と14時30分に各15分程度実施しました。学生達の頑張りによりデモはまずまずの出来だったと思います。

Robot Festival 07 セットアップ
セットアップの様子。デモの様子は説明していたので撮り忘れました。

ソウルタワー
土曜日のデモが終わったあとは、ソウル産業大学の先生と夕食を楽しみ、その後、ソウルの夜景を楽しめるソウルタワーへ連れて行ってもらい観光も楽しみました。

リンク



デモは左側のロボット2台によるPKを予定しています。

KIT夢考房ロボカッププロジェクトは10月18日(木)から21日(日)まで韓国ソウルのCOEX展示場で開催される韓国最大のロボットイベントRobot World 2007の国際ロボットコンテストにおいてRoboCupヒューマノイドロボットのサッカーデモ展示を実施します。

このデモはソウル産業大学との提携行事の一環です。デモ展示は20日(土)、21日(日)の午後を予定しており、私の仕事はデモの説明と学生の引率、ソウル産業大学の教員とのミーティングなどです。 寒くなってきたので参鶏湯(サムゲタン)でも食べたいですね。

リンク

abu.gif
上の写真は夢考房ロボカッププロジェクトで開発中のヒューマノイド脚部。下半身の機構部が完成したのでロボティクス学科のブースで静態展示を予定しています。設計はロボティクス学科4年、出村研究室所属 益子君と寺崎君、製作はプロジェクトメンバー、なお一部の精度の必要な部品は外注しています。

2007年のオープンキャンパスも10月14日(日)に開催されるKIT秋のオープンキャンパスで最後となります。ロボティクス学科ではNHK大学ロボコン優勝の特別企画として、ABUロボコンに出場しピットクルーとして活躍した宮田、本間、望月君の講演「やったぞ!悲願の初優勝 汗と涙の1年間」を予定しています。大会の裏話などを聞ける絶好のチャンスです。私の研究室でのRoboCupヒューマノイドリーグ・キッズサイズのロボットのデモをする予定です。

また、研究室ロボット見学ツアーでは上写真のヒューマノイドロボットの下半身、ヒューマノイドロボットのサッカーデモ、番竜、筋電義手、腹腔鏡把持ロボット、4脚、6脚ロボット、小型探査ロボットなどのロボットを展示します。興味のある方は是非お越しください。 

KITロボティクス学科

ABUロボコン2007 KIT夢考房チーム
ABUロボコンテストに出場した夢考房チーム一同

ABUロボコン2007ハノイ大会の模様がNHK総合で9月24日(月)午後7時30分から放送されました。

KITロボティクス学科の学生が頑張りました。ごくろうさまでした。テレビを見られた方はヒューマノイドなどでは日本が独走状態なのに,何故アジアの国に勝てないかと思われたと思います。実はRoboCup2007のレスキューリーグで優勝と3位のチームはタイ王国です。その理由を準優勝した千葉工大の先生から聞いたところ,とにかく彼らは試合慣れしているとのことでした。ロボコンもそうでしょう。多くの実戦を体験し、その中から勝ち抜いたチームは強いのです。ロボコンで日本が優勝するためには,書類審査などでチーム数を絞るのではなく,参加チームをもっと増やし地方大会から勝ち残ったチームで本戦をやることだと考えます。

また、KITロボティクス学科ウェブサイトもよろしくお願いします。ABU大会に学生を引率された職員の方から大会の舞台裏がわかる記事を寄稿して頂きました。テレビでは放送されない大会裏情報もありますので是非アクセスしてください。また,ウェブには動画をたくさん用意し、Roboup2008のヒューマノイド・ティーンサイズ出場を目指し開発中のヒューマノイドの脚部やロボカップ2007中型ロボットリーグ,ヒューマノイド・キッズサイズリーグのビデオもありますので、是非KITロボティクス学科のウェブサイトへお越しください。

KITロボティクス学科

代々木ゼミナールから来年の偏差値が発表になりました. KITロボティクス学科に関係する学科の偏差値を紹介します.実は,私も驚きました.KITの機械系の偏差値は大体50ぐらいでしたが,ここにきて18歳人口減少にともない私立大学や地方の国立大学は軒並み偏差値を下げています.なんとKITは東京の有名私立大学と肩を並べるまでになっています.しかも,北陸では圧倒的な知名度を誇る金沢大学にも近づき,福井大や富山大より偏差値が高くなりました(私立大学と国立大学の偏差値を厳密に比較することはできません.).これで,北陸の慶応というブランドを築くことも夢ではありません.理事長や学長はMITを目指しているでしょうけど...

確かに,私が指導にあたっている学生も優秀な学生が多いです.だてにNHKロボコンで優勝できるわけではありません.学部1年生から本格的にロボットづくりに取り組める夢考房のようなシステムは日本はおろか,世界的に見てもKITしかありません.夢考房を見学した方の多くは,「私が学生時代に夢考房があれば,KITを希望したはずだ」.ということは必ずしもお世辞ではないと思います.


代々木ゼミナールのウェブサイトの情報を元にロボティクス学科に関連する私立大学と北陸の国立大学法人の偏差値です. 
  • 慶応 理工 65
  • 早稲田 総合機械 63
  • 国際基督 理工 62
  • 東京理科 機械工 61
  • 同志社 機械システム 61
  • 上智 機械工 59
  • 立命館 ロボティクス学科 59
  • 関西 機械工 56
  • 明治 機械情報工 55
  • 青山 機械創造工 55
  • 芝浦 機械工学科 54
  • 金沢大学 機能機械 54
  • 法政 機械工 52
  • 金沢工大 KITロボティクス学科 51
  • 名城 エレクトロメカ 51
  • 日大 機械工 51
  • 武蔵工大 機械システム 50
  • 福井大 機械工 47
  • 富山大 機械知能システム 47
  • 千葉工大 未来ロボティクス学科 47
  • 東京電機 ロボットメカトロ 45
  • 工学院 機械システム 45
  • 大同工大 ロボティクス 44
  • 高知工科大 知能機械 44
  • 九州産大 バイオロボティクス 44
  • 玉川 機械システム 43
  • 東洋 機能ロボティクス 40
  • 桐蔭横浜 ロボット 40

The WinKIT Member
夢考房ロボカッププロジェクトブース(左手前が新型、右が旧型)

昨日(7/14)と今日(7/15)はKIT夏のオープンキャンパスです。 今日は,あいにく台風が接近していましたが,金沢は幸いなことに大きな影響を受けずほとんど雨は降りませんでした。昨日より多くの方が参加され盛況のうちに終わりました。

私は、ロボティクス学科の紹介と研究室の展示を担当しました。 夢考房ロボカッププロジェクトは7号館4階で新型機を展示し、ボールを追う簡単なデモやシュートを披露していました。今年のジャパンオープンから投入した機種ですが完成したのが遅く本来の性能を発揮できなかったようです。マイナーチェンジを重ねかなり安定してきました。上の写真は現在のメンバーです。3年次生が1名で、後は2,1年次生のフレッシュな面々です。

  The WinKIT Member
demura.netのブース(左:ヒューマノイドロボット「燃」、右:AIBO「黒ちゃん」)

上はdemura.netのブースです。2台のロボットともデモのし過ぎでガタガタです。ごくろうさまでした。 

KIT夢考房ロボットプロジェクトが6月17日(日)に開催された「NHK大学ロボコン2007~ABUアジア・太平洋ロボコン代表選考会~」で念願の初優勝を達成しました。

夢考房プロジェクトは現在15を数えるまでに増加しましたが、奇しくも3学部体制に移行してから各プロジェクトの成績が低迷し、夢考房関係者はその原因ならびに対策に取り組んでいたので、この快挙はうれしい限りです。夢考房RoboCupプロジェクトも来年は頑張りますよ。

なお、詳しい内容については以下のリンクをごらんください。

KITはdemura.netチームとしてロボカップジャパンオープン2007ヒューマノイドリーグ・キッズサイズに出場しました.

来年度は研究室ではなく夢考房ロボカッププロジェクトの一グループとして,世界大会出場を目指すことになりました.現在,院生1名,学部4年生1名(本年7月から来年3月まで米国留学予定),学部1年生2名の4名しかいません.来年からヒューマノイド3対3による試合になる可能性が高く,3名では人手が足りません.

そこで,2名程度メンバーを急募します.KITの学部2年生,または学部3年生(大学院進学希望)で希望者がいればメールください.

なお,今週から活動を始めたばかりです.今まで夢考房プロジェクトには興味をもっていたが入りそびれた,私のロボットプログラミングの講義を聴いて興味を持つようになった,あるいは今までロボワンを個人的にやっていたが更にステップアップしたいと考えている貴方など,入会するにはよいタイミングです.是非希望して世界を目指しましょう!

Team Osaka  VS  CIT Brains and Hajime Robot
WinKIT(金沢工業大学) 3位入賞!

ロボカップジャパンオープン2007 中型ロボットリーグではKIT(金沢工業大学夢考房ロボカッププロジェクト)のWinKITチームが悪いながらも3位を死守しました.

今大会はヒューマノイドリーグにかかりきりだったので,中型リーグの試合はほとんど見ることができませんでした.当初の予定では,3月までに強力なソレノイドキック装置を搭載した新型ロボットを6台完成させ,ジャパンオープンでテストし,世界大会に参戦する予定でしたが,開発が遅れに遅れ,結局見極めまでに完成せず世界大会参加を取りやめるというかつてない最悪の事態となりました.

それでも,学生達は頑張って開発を続行し,ジャパンオープンまでに3台を完成させました.ジャパンオープンでは十分にテストできなかったため,キック装置が壊れ,またモータドライバ関係のトラブルも発生し,まともに動いたのが最終日となりました.このような状態でも3位になれたのは今までの積み重ねと学生達の努力に他なりません.学生達を褒めてあげましょう!

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち2yumekoboカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは23RoboCupです。

次のカテゴリは3educationです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01