ロボットの天才クリエータも夢考房を絶賛?!

11月30日(木)、「ロボットの天才」の異名を持つクリエータ高橋智隆さんの講演がKITで開かれました。

高橋さんはRoboCupヒューマノイドリーグで3連覇中のチーム大阪のロボットをデザインしたことでも有名ですし、2004年にはTIME誌の最もクールな発明で彼の開発したヒューマノイドロボット「クロイノ」 が取り上げられ、最近では女性型のヒューマノイドロボットFTがファッション誌でも取り上げられ注目を集めています。

さて、講演は野際洋子さん似のアナウンサーが高橋さんにインタビューする形式で進められ、過去の生い立ちやユニークなロボットを開発する秘訣などを伺っていました途中で、「クロイノ」と「FT」のデモがあり、そのスムーズな動きに驚かされました。

講演の中で、今回の話を引き受けた理由として夢考房の存在を挙げられていました。モノづくりを自由にできる環境は非常に少ない中で、設備やスタッフの充実している夢考房はとてもユニークな存在だということを話されていました。夢考房がなければ恐らく高橋さんはKITにきてくれなかったでしょう。

夢考房の学生さんには他人の物まねではなく、高橋さんのようにユニークなモノを創ってもらいたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。