つくばチャレンジ2009: プアマンズGPSと定番A100との比較


つくばチャレンジ2009までとうとう後1ヶ月になりました。11月23日の試走会には参加しますので関係者の方はよろしくお願いします。

さて、つくばチャレンジでは定番となっているGPSであるヘミスフィア社のA100とdemura.netチームが今まで使っていたプアマンズGPSことUblox社のEVK5Hとの比較実験を本日やっと行えることになりました。


A100: 黒点、 Ubolx5:緑点

仮想つくばチャレンジ2009コース:A100: 黒点、 Ubolx5:緑点


この経路はGPSにとって非常に厳しく高さ10メートル程度ある建物の周辺を通ることになっています。地図ではわかりづらいですが、A100の緑のランプがつく場所は全体の3分の1程度です。黄緑の点滅が3分の1、赤が3分の1となっています。仮想つくばチャレンジコースとして適当ではないでしょうか。

上の図を見る限りそれぞれ一長一短のあることがわかりますね。結論としては定点観測ではA100と比較してUblox5は分散が3倍以上大きいのですが、走行すると両者の違いは50cm程度になります。ただし、上空が開けていない場所はUblox5では位置は取れているものの誤差が数m程度ありところも散見します。

この点を23日の試走会では確かめたいと思います。

でむ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。