つくばチャレンジ2009: GUIの作成

A Tukuba Challenge Control Panel Ver.09-08-22

A Tukuba Challenge Control Panel Ver.09-08-22。クリックすると拡大します。

つくばチャレンジに参加してみて、ロボットのGUIがとても大切だということがわかりました。試走会は時間が限られていますし、他のロボットも走行しているのでコース上でじっくりプログラミングというわけにもいきません。そのため、現場ではプログラミングをせずにできるだけGUIの操作だけで済ませることができれば楽できます。GUIのイメージとしてはカーナビです。

夏休みはもう終わりですが、少し時間を取れたのでQtの勉強がてら上図のようなGUIを作成してみました。主な機能は次のとおりです。

  • 情報表示
    • 地図、ウェイポイント
    • ロボットのデバイス状態
    • GPSの緯度・経度、ロボットの現在位置、速度、針路
  • 操作
    • 地図の縮尺変更、ウェイポイントの設定
    • 金沢とつくばの地図切り替え
    • マウスによる地図の移動
    • ロボットのスタートとストップ
    • ロボットのリモコン、自律動作の切り替え

来週にでもこれでロボットを動かしてみて改善していく予定です。

でむ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。