中国国際大会SICTIC2012:ロボット調整日

調整に余念のない日本選手。光っているのがSICTIC用可視光ボール。

中国南昌市2日目です。

今日は1日、ロボットの調整日でした。
選手の必至の調整のかいあって、Japan Openよりは両チームとも良い動きです。

今年のDKTshoot, What’s DKT?のロボットがどの程度通用するか明日が楽しみです。

なお、南昌市第2高校のボランティア生徒に1日サポートを受けました。英語を流暢に話し、態度、姿勢などもよく、すばらしい生徒達です。教育をしっかり受けているという印象を持ちました。

ボランティアに説明する日本代表チームDKTshoot

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。