ロボカップジュニア体験講座 in KIT

ロボカップジュニア体験教室での一場面

ロボカップジュニアの体験講座をこの夏8月24日(火)から25日(水)にKITで実施します。これはKITで毎夏実施しているサマーサイエンススクールの1講座「キミもロボットサッカーで世界を目指そう!」として主に小学校5,6年生を対象に実施します。講師は私と、ロボカップジュニア世界大会で優勝した学生などジュニアで育った経験豊富なスタッフです。なお、私は今年度からロボカップジュニア石川ブロック長となりました。

金沢市近郊にお住まいの多くの皆さんの御応募をお待ちしています。締切は7月9日(金)の消印有効です。応募方法はこのページに従ってください。郵送のみとなっています。応募が多数の場合は抽選になりますので御了承ください。

でむ

以下、授業計画書を紹介します。

1. 授業の目的

科学技術振興機構が支援する国際科学技術コンテスに選ばれたロボカップジュニアでの体験を通して、次世代の技術の担い手となる子供達にロボットについて興味を持ってもらうことを目的とします。4名一組でチームを作り、力を合わせて試合に勝つためのロボットプログラミングをすることにより、論理的思考能力の育成だけではなく、コミュニケーション能力の向上や友人を作ってもらうことも期待します。

2. 授業内容

  • ロボカップとロボカップジュニアの概要。
  • ロボットの動作原理。
  • サッカーをするためのアルゴリズム。ロボットになって考えよう。
  • ロボットプログラミングの概要。プログラミング言語はGUIにより小学生でもプログラミング可能なC Styleを使用する。
  • プログラミングの実装。
  • 実験
    • 1.光センサの閾値とボール検出距離の関係を測定。閾値の決定。
    • 2.ロボットの回転速度とボール検出距離の関係を測定。回転速度の決定。
    • 3.床センサの値とロボットの自己位置の関係を測定。
  • 備考:工作はしない。プログラミングのみ。

3. 競技・コンテストの内容

ロボカップジュニア2on2の公式ルールに準拠した試合。ただし、10分ハーフとする。1試合約30分。

1チーム4名、ロボット2台とする。全4チームでき、4チームによるリーグ戦を実施する。

リーグ戦は全6試合、2コートを設置するので、各3コート3回実施。総時間1時間30分。

4. スケジュール

■1日目

10:30-11:20 1時間目 ガイダンス。スタッフ紹介。チーム決め。ロボカップとロボカップジュニアについての授業
11:30-12:20 2時間目 ロボットプログラミングの講義とロボット実験
12:20-13:30 昼食
13:30-14:20 3時間目 ロボット実験
14:30-15:20 4時間目 テクニカルチャレンジ:ドリブル&シュート(回り込み必要)

■2日目

10:30-11:20 1時間目 ルール説明。試合用のプログラム作成
11:30-12:20 2時間目 試合準備。
12:20-13:30 昼食
13:30-14:20 3時間目 競技:ロボカップジュニア in KIT リーグ戦
14:30-15:20 4時間目 競技:ロボカップジュニア in KIT リーグ戦

表彰式、世界大会で勝つために(世界大会優勝者監物君講演)、総括

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。