RoboCup2010: 目標ベスト8

RoboCup2010 世界大会ヒューマノイドリーグキッズサイズへ出場権を獲得したチームは次のとおりです。1番から7番は昨年の世界大会の成績で順番に並べています。昨年準優勝のNimbroが今年参加していないので、昨年決勝トーナメントに進出したチームは7番までです。

今年はシンガポールで開催なのでアジアからの参加が半数を占めています。昨年の世界大会では、1から4番までのチームが桁違いに強く、今のSitiKチームは歯が立たないでしょう。5番~7番のチームは、これから1か月で問題を解決すれば何とか戦える相手だと考えます。つまり、ベスト8が目標です。

人類のサッカーワールドカップでは、日本代表の目標が32チーム中ベスト4です。それより、実現する確率は高いと考えています。世界大会に参加できるかどうかは明日決まります。

なお、昨年ベスト4のチームは次の特徴があります。

  • 歩行制御が安定しており、40[cm/s] 以上の歩行速度
  • 自己位置を推定している
  • ワールドモデルを持っている
  • 協調プレー。団子サッカーにならない。

でむ

世界大会出場権獲得チーム

  1. Darmstadt Dribblers:ドイツ
  2. FUmanoids:ドイツ
  3. CIT Brains Kid:日本
  4. Team KMUTT:タイ
  5. aiRobots :台湾
  6. ZJU Dancer:中国
  7. Bogobots-TecMTY :メキシコ
  8. BSRU-I :タイ
  9. Chibi Dragon:タイ
  10. Cyberlords La Salle-Cinvestav :メキシコ
  11. HuroEvolution:台湾
  12. JEAP :日本
  13. NYP Lions:シンガポール
  14. PERSIA :イラン
  15. Pioneros Mexico:メキシコ
  16. PKU-SHRC:中国
  17. RoboErectus Junior:シンガポール
  18. RoboPatriots:米国
  19. SitiK KIT:日本
  20. Team DARwIn:米国
  21. Team RO-PE:シンガポール
  22. TKU :台湾
  23. UChile RoadRunners:チリ
  24. WF Wolves:ドイツ

参考リンク(動画あり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。