RoboCup Japan Open 2008 開幕迫る!


徹夜明けで疲れて仮眠している某メンバー       2008年式新型キッズサイズロボット


RoboCup Japan Open 2008が5月3日(土)~5日(月)に、沼津市で開催されてます。KIT夢考房チームは、中型ロボット、ヒューマノイド・ティーンサイズ、ヒューマノイド・キッズサイズの3リーグに出場します。5月1日に金沢を出発し、2日からのセットアップに備えます。

  • 中型ロボットリーグに出場するWinKITチームは昨年世界大会に出場せず、1年間地道に努力してきました。久しぶりに強いWinKITをお見せできると思います。メンバーは全員学部生の今後が楽しみなチームです。
  • ヒューマノイドリーグ・キッズサイズには、昨年demura.netチームとして参加しました。今年は、夢考房SItiKチームとして生まれ変わり、院生3名、4年生4名、2年生2名、1年生8名、計17名とメンバーは大変充実しています。さらに、上の写真に示す院生の石田君が設計・製作したロボットもハードウェアのスペック的にはTeam Osakaを上回っていると思います。後の2台は、スペック的にはノーマルですが、デザインに力を入れました。
  • ヒューマノイドリーグ・ティーンサイズに出場するStepKITチームは今年初出場です。ロボットの写真は夢考房RoboCupプロジェクトのホームページで見ることができます。ハーモニックドライブを使ったかなり本格的なものです。学生が設計・製作(一部外注)・構造解析・シミュレーションをして作り上げました。

大会の模様などをこのブログで紹介しますので、乞うご期待!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。