RoboCup2005:決勝トーナメント組み合わせ

Philips Kick

フィリップスのロングシュート

2次予選が終わり決勝トーナメントの組み合わせが決まりました。

7月16日(土) インテック大阪
10時:EIGEN(慶応大学) VS Orient(東洋大学)
11時:WinKIT(金沢工大) VS Philips(オランダ)
12時:Trackies(阪大) VS Cops(ドイツ)
13時:Fighters(ドイツ) VS Minho(ポルトガル)

日本勢が4チーム決勝トーナメントに進めましたが、2次予選の結果をみるとEIGEN(慶応大学)、COPS(ドイツ)、Philips(オランダ)が圧倒的な強さを見せ付けています。

特に、Philipsのキックは強力な上に空中を飛んできます。センターサークルから打ってゴールの上段に突き刺さります。WinKITのエンジニアの卵達も全方位レンズを守るため透明な筒を急遽東急ハンズに買いにいっています。実際、Philipsと2次予選を戦ったFuFightersはアルミのフレームが壊れたとのことです。

この3チームのうち強力なキック力と高い運動性能の両者を兼ね備えているのはCopsです。Philipsは運動性能はさほど高くありませんが超強力なキック装置を有しており、EIGENは高い運動性能と組織プレーを誇っていますがキック装置は前者と比較すると見劣りがします。この3チームが優勝争いに絡んでくるでしょう。WinKITはその一角Philipsを破ることができるのでしょうか?地元の阪大TrackiesはCopsとの対戦はいかに?王者EIGENとOrientの日本勢対戦も見逃せません。明日は是非インテック大阪まで観戦にきてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。