RoboCup 春季競技会予選1日目 WinKIT順調に勝ち進む

winkit-orient.jpg

WinKIT VS The Orient

RoboCup 中型機リーグ春季競技会の予選1日目が終わりました。今年は審判コンピュータ(refree box)の本格的導入により人間のサッカーに近くなりました。スローイン、コーナーキック、ゴールキックなどを審判コンピュータから告げられると各ロボットは自分で判断して自動的(人間のリモコン不可)に所定の位置に移動しなければなりません。これは難しいのですが、WinKIT(金沢工大)、EIGEN(慶応)、Trackies(阪大)などの強豪チームは順当に勝ち進みました。太字が勝ちチームです。

5月2日(月) 予選1日目 試合結果
10時 慶応 EIGEN  1点 VS 九州工大・北九州大学・FAIS-RRI  Hibikino-Musashi 0点
11時 阪大 Trackies  5点 VS 福井大 FC-Soromons 0点
12時 大同工大 DIT-RC 0点  VS 東洋大 The Orient 2点
13時 金沢工大 WinKIT 3点 VS 近畿大学・近畿印刷産業器材共同組合 SCARAB 0点
14時 慶応 EIGEN 3点 VS 福井大 FC-Soromons 0点
15時 阪大 Trackies 1点 VS Musashi 0点
16時 大同工大 DIT-RC 2点 VS SCARAB 1点
17時 金沢工大 WinKIT  4点 VS 東洋大 The Orient 1点

なお、予選2日目の予定で次のとおりです。10時から昨年の世界大会決勝の再現となるKITと慶応が激突します。
5月3日(火) 予選2日目
10時 慶応EIGEN VS 金沢工大WinKIT
11時 Trackies VS DIT-RC
12時 Hibikino VS SCARAB
13時 Soromons VS Orient
14時 休憩
15時 大同工大 DIT-RC VS 金沢工大 WinKIT
16時 EIGEN VS SCARAB
17時 Trackies VS Orient
18時 Hibikino VS Soromon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。