金沢工大と慶應 決勝へ進む:RoboCup2004

WinKITチームはRoboCup2004世界大会の決勝トーナメントも順調に勝ち進み、明日7月3日16時30分(日本時間4日0時30分)に開催される決勝戦に進むことになりました。対戦相手は二年前の世界大会、昨年、今年のJapan Open決勝戦の再現となる慶應EIGENチームです。過去1勝2敗です。

WinKITチームリーダ小沢君の決勝戦に望んでのコメントは次のとおりです。
「今まで戦ってきたときと同様にメンバーひとりひとり力を合わせて戦います。EIGEN(慶應)さんと決勝を戦えることをうれしく思います。いずれにしてもベストを尽くし観客の皆様に喜んで頂けるような試合をしたいと思います。」

以下、準々決勝、準決勝の結果を掲載します。

準々決勝
第1試合 WinKIT(金沢工大)7点 VS  Persia(イラン) 1点
昨年の世界大会ではPersiaチームはとても予選を全勝で勝ち進み、決勝トーナメントで激戦の末WinKITがPersiaを破りました。今年も激戦を予想しましたが、イランチームはペナルティエリア内に多くのロボットが集まったためファールを取られロボットが退場させられました。そのため、ゴール前にスペースができWinKITは得点を重ねることができ予想外の7対1の大差で勝つことができました。Persiaチームに聞いたところ、今大会は多くのハードウェアトラブルに泣かされたそうです。ロボットが故障しないということは勝つためには最も大切なことです。

第2試合Minho(ポルトガル) 0点 VS FuFighters (ドイツ) 3点
Minhoは強力なキック装置をもつ大型ロボットチームですが、運動性能がよくありません。一方、FuFightersは小型軽量で運動性能も良く、しかもキック装置が強力です。今の中型ロボットリーグで最もハードウェアが進んでおり、中型ロボットの次世代機です。FuFightersチームは運動性能と強いキック力を十分いかしMinhoチームを下しました。

第3試合COPS(ドイツ)4点 VS Trackies (阪大) 0点
優勝候補の筆頭COPSと阪大との試合です。COPSは予選で一度も負けていません。スピードの勝るCOPSは決勝トーナメントでもその実力をいかんなく発揮しTrackiesを4対0で下しました。決勝はドイツ対日本の模様を呈しています。日本勢が負けて残念です。

第4試合EIGEN (慶應) 5点 VS  Tribots (ドイツ) 0点
激戦を予想しましたが、蓋を開けてみれば慶應チームの快勝でした。この試合で改めて慶應チームの強さを認識したのでした。WinKITとTribotsが戦ったときはWinKITに再三のゴールチャンスがあったのですが、ことごとく外してしまいました。一方、EIGENチームはゴールチャンスを確実にものにし着実に得点したのがこの大差の要因です。

準決勝
第1試合 WinKIT 4点 VS FuFighters 0点
FuFightersには予選で14対0と大勝しましたが、その後FuFightersは調整を重ね尻上りに調子を上げています。第2次予選のEIGEN戦では敗れたものの1対2と激戦を繰り広げました。

FuFightersはロボットのサイズが小さいため6台まで出場できますが故障でもあったのでしょうか?5台のロボットしか準備できていません。こちらも5台出せるので数の上での不利はありません。試合が開始されるとドリブルのうまさでうわまわるWinKITが終始相手陣内で試合を進め4対0で勝ちました。

第2試合 EIGEN 3点 VS  COPS 0点
予選負けなしのCOPSでしたが、この試合では4台しかロボットを出してきていません。一方のEIGENチームは5台です。この差が決定的になりました。COPSのロボットの方が動きが速く何度もEIGEN陣内奥深くに攻め込みシュートをしますが、キーパーが鉄壁の守りをし得点を許しません。その後、EIGENチームのカウンター攻撃により数の少ないCopsは守りきれず3対0でEIGENが勝ったのでした。

これで台頭してきたドイツ勢を日本勢が下し、明日の決勝は金沢工大WinKITと慶應EIGENとの戦いとなりました。どういう試合になるかとても楽しみです。

6 Comments
  1.  きょたろさん コメントありがとう。

    COPSの方がWinKITよりスピードが速いです。WinKITチームのハードウェアのアドバンテージがなくなってきています。

    来年の世界大会では今のハードウェアでは3位入賞は困難だと予想されます。

  2. 今晩は。
    >COPSのロボットの方が動きが速く何度もEIGEN陣内奥深くに攻め込みシュートをしますが

    以前観戦したときは、WinKITが圧倒的なスピードだったのですが、COPSはより速いのでしょうか?
    現在のWinKITのハードウェア性能は相変わらずぶっちぎりでしょうか?
    それとも周囲の大学との差は縮まってきているのですか?

    決勝、学生の皆様もがんばってくださいね。

  3.  彼はフォワードロボット担当でとても良い仕事をしてくれています。世界大会開催中はメンバーは皆ずっと4,5時間ぐらいの睡眠でロボットのプログラミングや調整をしてきました。多少睡眠不足はありありますが決勝戦へ進出できたことでが皆元気です。結果がどうなるにせよ決勝戦が楽しみです。

    なお、楠本様のコメントがあったことを直也君に伝えます。

  4.  楠本直也の父です。いつも直也がお世話になりまして有難うございます。夢工房の谷様から第1報のハガキを頂きまして、さっそくアクセスさせて頂きました。5月の大阪大会は地元でしたので3日間見に行きましたが、世界大会となるとそうは行きませんね。 試合の結果が気になっていましたが、決勝まで勝ち進んだ事に大変嬉しく思っています。(親ばかでしょうかね)
    優勝を願っていますので、直也に頑張れと伝えて頂ければ幸いです。今後とも宜しくお願い申し上げます。  楠本義一

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。