ロボカップジャパンオープン2004大阪速報(予選3日目)

WinKIT VS Muratec:水色のマーカを着けているのがWinKIT
5月1日から4日までインテック大阪でロボカップジャパンオープンが開催されています。5月3日予選三日目の中型ロボットリーグの試合結果を速報します。

フィールドA
第1試合10:45 Trackies:1点 引  VS  Orient:1点 引
第2試合12:15 EIGEN:0点 負  VS WinKIT:1点 勝
第3試合14:30 Muratec:0点 負  VS EIGEN:3点 勝
第4試合16:00 MUSASHI:1点 負 VS ORIENT:2点 勝

フィールドB
第1試合10:00 Muratec:4点 勝  VS DIT-RC:0 点 負
第2試合11:30 MINE:0点 負   VS  MUSASHI:2点 勝
第3試合13:45 MINE:0点 負   VS Trackies:6点 勝
第4試合15:15 DIT-RC:0点 負 VS WinKIT:8点 勝

チーム成績(3日目終了時点)
WinKIT(金沢工大) 6勝0敗 36得点 0失点
Trackies(阪大)   3勝1分2敗   14得点 8失点
EIGEN(慶應大)   3勝1分2敗   9得点 4失点
Muratec(村田機械)3勝3敗      15得点 12失点
MUSASHI       3勝3敗     11得点 14失点
Orient(東洋大)   2勝3分1敗   7得点 11失点
MINE(三重大)    1勝1分4敗   2得点 21失点
DIT(大同工大)   6敗        1得点 25失点

概 要
RoboCup2002世界大会の決勝の再現となった金沢工大夢考房WinKITと慶応大EIGENの試合は両チームともロボットの故障等がなく激しい攻防となりました。前半はWinKITに決定的なチャンスがありましたがEIGENのディフェンスがうまくクリアして0対0で終わりました。後半開始早々WinKITチームのオフェスは相手のディフェンダーをうまく交わしてシュートし1得点を挙げました。それ以降もWinKITは攻め続けますが決め手を欠き結局1対0で試合が終了しました。各チームとも連携プレーが見られ世界大会決勝レベルのとても質の高い試合となりました。

MuratecとEIGENの試合も非常にレベルの高い試合でした。Muratecはロボット同士がうまく連携してゴールを守りましたがEIGENの激しい攻撃の前にゴールを許し3対0で敗れました。

また、最終試合でMUSASHIが東洋大Orientに1対2で敗れため2位から5位までの差がほとんどありません。決勝戦には明日の勝敗に関係なくWinKITチームが進みますが、対戦相手は明日の試合結果、それも得失点差で決まりそうです。EIGENチームか阪大Trackiesチームになる可能性が大です。明日の試合は益々目が離せないものになりそうです。

なお、中型ロボットリーグの決勝は午後3時から開始されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。