Jasper : Ubuntu14.04でSiriライクなアプリ

jasper

JasperをRaspberry Piで動かした。Ubuntu14.04でも動くと便利なので、インストールし動作を確認した。以下は簡単な作業メモ。説明が詳しくないので、Jasperのウェブサイトをご覧頂きたい。

  • 準備
    • sudo apt-get update
    • sudo apt-get install vim git-core python-dev python-pip bison libasound2-dev libportaudio-dev python-pyaudio –yes
  • Jasperのインストール: ここではホームディレクトリ直下ではなく、srcディレクトリを作りその中にjapserを始め、各種プログラムをインストールする。
    • cd
    • mkdir src
    • cd src
    • git clone https://github.com/jasperproject/jasper-client.git jasper
    • sudo pip install –upgrade setuptools
    • sudo pip install -r jasper/client/requirements.txt
    • chmod +x jasper/jasper.py
  • 関連ソフトのインストール
    • Ubuntuにインストールした先人の知見を見るとPocketSphinxはソースからビルドしないと問題があるようなので、ここでは関連ソフトはほとんどソースからインストールした。詳しくはこのリンクを参照。
      • PocketSphinx STT engine
      • Julius STT engine
      • eSpeak TTS engine
      • Festival TTS engine
      • Flite TTS engine
      • SVOX Pico TTS engine
      • Google TTS engine
    • Ubuntu14.04と上でインストールしたpipのバージョンが合わないのでうまく動かないので、削除してeasy_installコマンドでpipをインストールし直す。インストール後のバージョンはpip 6.0.8。
      • sudo apt-get remove python-pip
      • sudo easy_install pip
  • 関連モジュールのインストール
    • Siriのような機能を実現するためには、クラウド型のAIエンジンが必要。なんと、JasperにはWolframAlphaのモジュールがあるではないか。
    • WolframAlphaのパッケージを次のコマンドでインストールする。
      • sudo easy_install wolframalpha
    • JasperウェブサイトのThird party modulesのWolframAlphaからknowledged.pyを~/src/jasper/client/modulesの中にコピーする。
    • ~/.jasper/profile.ymlに以下を追加。なお、XXYYXXX-XXXXXVVVVはAPIキーでDeveloper向けのページが制限はあるが無料で取得できる。
      • keys:
        WOLFRAMALPHA: XXYXXX-XXXXXVVVV
  • 実行
    • ~/src/jasper/jasper.py
    • WolframAlphaを使い検索する場合は、以下の容量で会話する。ただし、英語。
    • You: Jasper
    • Jasper: beep
    • You: Search
    • Jasper: what are you looking for ?
    • You: What is the hightest mountain in the world ?
    • Jasper: Mount Everest (8848 meters)

以上です。

これでRoboCup@HomeのBasic Function , What did you say ?は楽勝?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。