オープンソースC,C++開発環境CodeBlocks10.05リリース

CodeBlocks 10.05 インタフェースがより洗練された

CodeBlocks 10.05 インタフェースがより洗練された

WindowsとLinuxでプログラムを開発する必要があるので、オープンソースのC、C++言語開発環境であるCodeBlocksを愛用しています。講義でも標準の開発環境として使っています。バージョン8.02をずっと使っていましたが、新しいバージョン10.05が2010年5月27日にリリースされたのでさっそくUbuntu10.04にインストールして使ってみました。コンパイル済みのバイナリパッケージもありますが、ファイルが多く依存関係も複雑だったのでソースからビルドして使っています。以下はそのインストールメモです。

なお、ここ一ヶ月ぐらいUbuntu10.04を使っていますが、起動が驚くほど速く、インターフェースも洗練されていてとても快適です。

導 入

  • ソースコードからmakeするにはwxSmithが必要なので以下のパッケージをインストールする。
    • sudo apt-get install  libwxgtk2.8-dev
    • sudo apt-get install wx2.8-headers
  • ダウンロード
  • 解凍
    • tar  xjf  odeblocks-10.05-1debian-src.tar.bz2
    • cd  src
    • tar xzf  codeblocks_10.05-1.tar.gz
  • ビルド
    • cd  codeblocks_10.05
    • ./configure
    • make
    • sudo make install
  • 実行
    • /usr/local/bin/codeblocks          (パスが通っていれば/usr/local/binは不要)

トラブル

  • 問題
    • 私は初めバイナリパッケージからインストールしようとして失敗したため、ソースコードからmakeしたcodeblocksの実行ファイルを起動したところ以下のエラーで悩みました。
    • _ZN13wxAuiNotebook14ShowWindowMenuEv, version WXU_2.8.5 not defined in file libwx_gtk2u_aui-2.8.so.0 with link time reference –

解決法

  • wxSmithのパッケージを再インストールしたらなおりました。
    • sudo apt-get  –reinstall  install  libwxgtk2.8-dev
    • sudo apt-get  –reinstall  install wx2.8-headers

でむ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。