恐るべし!? ホームベーカリー

ホームぺーカリーで焼いたはじめてのパン。予想以上に簡単。

最近のホームベーカリー(自動パン製造器)は進化したものだ。ウィキペディアによると世界で初めてホームベーカリーの製品化に成功したのは松下電器(現パナソニック)で今からもう30年以上も前のことである。発売当時はそれなりにブームになった。

私が知ったのはそれより最近で第2のブームにあたる15年前ぐらいであったが、あまりおいしくないという意見が多かったので気にも留めていなかった。

最近、NHKや民放でもホームベーカリーが進化し、パン屋さんとあまり遜色のないものができるということを知った。放送の中ではパンの職人さんにホームベーカリーで作ったものを試食してもらった。感想は今一歩だがまあまあ良くできているというものだったが、機械を使い4時間でできるということを知り、皆一様に驚いていた。パン屋さんでも驚くのだからという理由でホームペーカリーを購入することにした。

Kakaku.comでホームベーカリーを調べるとエムケー精工(以降MK)とパナソニックが良いらしい。MKの方がおいしく焼けるというコメントが多かった。パナソニックのコメントも皆おいしくでき、多機能なのでお餅、うどん、白パンもできるという。MKというメーカを聞いたことがなかったので調べてみると長野県に工場を持つ売上約170憶、従業員約850名の中堅企業である。洗車機やLED表示機、家電としてはホームベーカリーや餅つき機を製造している。日本の経済を支えるためにはこのような中堅企業に是非がんばって頂きたい。

現物を見に家の近くのヤマダ電機に行った。MKの製品は置いてなく、パナソニックと像印、ツインバードの製品が置いてあった。MKにも興味はあったが、現物を見て購入したかったのでパナソニックのSD-BMS101という機種に決めた。人気があるらしくどこでも在庫が少なくなっている。

使ってみた感想。想像していた以上に失敗がなくふんわりソフトなパンができた。ただ、スーパーで購入したドライイーストと強力粉を使っていたせいか、スーパーの安い食パンよりは間違いなくおいしいが、パン屋さんに到底かなわない。材料が違うので当たり前だ。これではフェアではないので天然酵母(ホシノ丹沢酵母)とパン屋で良く使われる小麦粉をcuoca(クオカ)にインターネットで注文した。届くのが楽しみだ。なお、4月30日までなら初めて購入するお客に限りWebで2000円以上購入すると送料無料の生活応援キャンペーン中。

恐るべしか?ホームベーカリー 次回、進化と真価が問われることになる。 (続く)

でむ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。