浅田真央とキムヨナの勝敗を分けたもの

バンクーバーオリンピックももう終わりですね.開幕前からの予想どおり女子フィギュアの戦いが最も熱くなりました.

27日10時からのNHKスペシャル「浅田真央 キム・ヨナ “史上最高”の闘い」は戦いの舞台裏が解説されておりとても興味深かったです.また,今日の新聞などを読むと浅田選手がフリーの演技を完璧に演じきっても得点ではキム選手を上回ることができないというショッキングな記事もありました.さらに,日本スケート連盟の強化部長が私見として世界で浅田選手が初めてフリーでトリプルアクセル2回を成功させても勝てない現在の採点システムは変更すべきという趣旨のことを述べています.

男子フィギュアでも,銀メダルを取ったプルシェンコ選手が4回転ジャンプを跳ばない選手がオリンピックチャンピオンになるのなら,アイスダンスに名前を変えた方が良い趣旨のことを述べています.

このような話を聞いて疑問に思うことは,事前に採点システムがわかっているのだから,勝つためなら成功しても基礎点があまり高くないトリプルアクセルを飛ぶよりは,成功の確率が高く確実に点を取れるジャンプのコンビネーションを入れたほうが良いのではないかということです.

金メダル取ることを目的にするのか,それともフィギュアスケートの歴史を変え新しいプログラムの完成を目指すかでアプローチが大きく違ってくると思います.テレビの番組等を見る限りでは,キム選手は前者で,浅田選手は後者ではなかったかと思います.二人ともまだ若いので4年後がどうなるか今から楽しみです.

でむ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。