牡蠣(かき)対決 能登VS広島

石川県の能登半島にある穴水町で開催された「雪中ジャンボかきまつり2010」に行ってまいりました.

先週広島で牡蠣を堪能しただけに,穴水の牡蠣とどちらがおいしいか気になるところでした.

広島での調理法と違い,かきまつりでは生の牡蠣を炭火で焼き食べたので比較は難しいですが,結論はどちらもおいしかった.

穴水の牡蠣は広島と比較して小粒なので内臓の苦味があまりなく私には食べやすい.牡蠣の苦手の人も穴水の牡蠣なら大丈夫という話を聞きます.私もその一人.今ではすっかり牡蠣が好きになり,広島でも大変おいしく頂くことができました.

なお,昨日は北国新聞によると穴水町の人口約1万人のところ,1万6千人がかきまつりに詰め掛けたということです.最終日の今日はもっと多いと思います.用意した3万個の牡蠣も昼ぐらいまでにはなくなるのではないでしょうか.でむ家ではそのうち20個ぐらい食しました.

かきまつりは本日で終わりですが,かきフルコースキャンペーンが3月31日まで穴水の加盟店で実施しているので牡蠣を十分堪能できます.

参考記事

でむ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。