坂の上の雲(二)

坂の上の雲の第2巻を読む.秋山好古の尊敬した人が福沢諭吉先生で,子どもは軍人にはせずに慶應義塾に入れたことは興味深い.

また,好古の「おれの一生の主眼はひとつだ」という簡単明瞭な生き方は自戒になる.あれもこれもやっていたのでは大したことはできぬ.今の世の中雑用が多すぎる.雑用を減らすことを考えよう.

でむ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。