Let's note CF-Y7でFedora7

Fedora7上でのODE0.9rc1の新しいデモdemo_basket。ボールが斜面をころがりバスケットのリングに吸い込まれます。

Fedora7上でのODE0.9rc1の新しいデモdemo_basket。ボールが斜面をころがりバスケットのリングに吸い込まれます。それにしてもfedoaのバックグラウンドは美しいですね。fedora8が楽しみです。

個人的なメモなので正確ではありません。

Let’s note CF-Y7も発売から約5ヶ月経ち、そろそろLinuxも動くようになったかなと思い、Fedora7をインストールしました。fedoraのウェブサイトからDVDのイメージF-7-i386-DVD.isoをダウンロードし、DVDに焼きます。

そのDVDでCF-Y7を起動し、指示に従ってインストールすると比較的簡単に終わります。詳しいインストール方法はgoogleで簡単に見つけることができるのでここでは省略します。

LAN、サウンドカードなども簡単に認識し、X Windowも無事に起動しました。ただし、画面が少しぼやけた感じがすることと、system-config-displayで解像度が1024×768しかでません。CF-Y7は最大1400×1050の解像度なのでこれでは物足りません。

調べて見るとfedora7ではCF-Y7のIntelの統合化チップ965GMに完全に対応できていません。そこでXF86-Video-Intel-2.1.1.tgzをダウンロードし、インストールするとめでたく解像度1400×1050で使えるようになりました。ただし、ODEのシミュレーションをするためにはハードウェア3Dアクセレレータが使えないと話になりません。いろいろ試しましたがDRIモジュールを読み込み、ODEのシミュレーションを実行すると画面が固まります。Linuxのドライバに関してはIntelが提供していますので頑張ればハードウェアアクセレレータが使えるはずですが、10月4日にFedora8 test3がリリースされ、11月8日にはFedora8が公開される予定です。Fedora8では965GMがサポートされるそうなので、それまで待つことにします。

参考までにxorg.confを以下に掲載します。ハードウェア3Dアクセレレータは使えませんが、フル解像度を利用できるので通常の使用には問題ありません。


#Xorg configuration created by system-config-display


Section “ServerLayout”
Identifier     “single head configuration”
Screen      0  “Screen0” 0 0
InputDevice    “Keyboard0” “CoreKeyboard”
InputDevice    “Synaptics” “CorePointer”
#        Option         “AIGLX” “false”
EndSection

Section “Module”
Load  “extmod”
Load  “glx”
#    Load  “dri” #       driを使うときはコメント外す
EndSection

Section “InputDevice”
Identifier  “Keyboard0”
Driver      “kbd”
Option        “XkbModel” “jp106”
Option        “XkbLayout” “jp”
EndSection

Section “InputDevice”
Identifier  “Synaptics”
Driver      “synaptics”
Option        “Device” “/dev/input/mice”
Option        “Protocol” “auto-dev”
Option        “Emulate3Buttons” “yes”
EndSection

Section “Monitor”
Identifier   “TVOutput”
Option        “Disable” “true”
EndSection

Section “Device”
Identifier  “Videocard0”
Driver      “intel”
Option        “monitor-TV” “TVOutput”
EndSection

Section “Screen”
Identifier “Screen0”
Device     “Videocard0”
DefaultDepth     16
SubSection “Display”
Viewport   0 0
Depth     24
Modes    “800×600”
EndSubSection
SubSection “Display”
Viewport   0 0
Depth     16
EndSubSection
EndSection

Section “DRI”
Group        0
Mode         0666
EndSection

Section “Extensions”
Option “Composite” “true” # driを使うときはtrueをfalseにする
EndSection

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。