OpenCV 1.0 (Code::Blocks+Windowsでの設定)

image.cの実行結果

image.cppの実行結果.カメラの画像を表示する簡単なプログラム.

OpenCV1.0をCode::Blocksで使うための個人的なメモです.ODEも便利ですが,OpenCVも便利ですね.ちなみに,OpenCVはコンピュータビジョン用のライブラリです.

A. Code::Blocksの設定

  1. Code::Blocks 8.02の起動.
  2. includeパスの設定
    設定(S)→コンパイラとデバッガ(C)

    グローバルなコンパイラ設定のウインドウで,ディレクトリの検索→コンパイラに以下を追加する.


    • C:\Program Files\OpenCV\cv\include
    • C:\Program Files\OpenCV\cvaux\include
    • C:\Program Files\OpenCV\cxcore\include
    • C:\Program Files\OpenCV\otherlibs\highgui
  3. libパスの設定
    上のウインドウで,ディレクトリの検索→リンカに以下を追加する.


    • C:\Program Files\OpenCV\lib
  4. リンカの設定
    「設定(S)」→「コンパイラとデバッガ(C)」のグローバルなコンパイラ設定のウインドウで,「リンカの設定」に以下を追加する.


    • C:\Program Files\OpenCV\lib\cv.lib
    • C:\Program Files\OpenCV\lib\cvaux.lib
    • C:\Program Files\OpenCV\lib\cvcam.lib
    • C:\Program Files\OpenCV\lib\cvhaartraining.lib
    • C:\Program Files\OpenCV\lib\cxcore.lib
    • C:\Program Files\OpenCV\lib\cxts.lib
    • C:\Program Files\OpenCV\lib\highgui.lib
    • C:\Program Files\OpenCV\lib\ml.lib

B. プログラムの作成

  1. Code::Blocksの起動.
  2. ファイル(F)→新規→プロジェクト
  3. Console applicationを選択して,Goをクリック.
  4. 以下の画面になるので,次へ(N)クリック
  5. CかC++のどちらかを選択するよう聞かれるのでC++を選択し,「次へ(N)」をクリック
  6. 次の画面が開くので以下の項目を入力し,「次へ」をクリック.

    プロジェクトタイトル:sample1


    プロジェクトを作成するフォルダ:

     c:\Users\ユーザ名\Documents\src\opencv\myprog

    プロジェクトファイル名:sample1.cbp

    出力ファイル名:

    c:\Users\ユーザ名\Documents\src\opencv\myprog\sample1\sample1.cbp
  7. 次の画面が開くので以下の項目を入力し,「次へ」をクリック.

    コンパイラはGNU GCC Compilerを選択
    Debug設定を作成にチェックを入れる.


     出力ディレクトリ: .\ 
     オブジェクト出力ディレクトリ: .\ 
  8. sample1→Sources→main.cppにOpenCVプログラミングブックのサンプルプログラムimage.cppをカットアンドペースで貼り付け保存しましょう.サンプルプログラムはOpenCVプログラミングブックサポートサイトからダウンロードできます.書籍掲載のコード集:cv_prog.zip の中にimage.cppがあります.

  9. USBカメラをコンピュータに接続します.ドライバが必要なカメラは付属の説明書に従ってインストールしてください. では,実行しましょう.ビルド(B)→ビルドして実行(L)でウインドウが開き,カメラの画像が表示されたら成功です.

    お疲れさま.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。