WSL: X Window環境を快適に!

WSL(Windows Subsystem for Linux)を今学期から講義で使い始めている。少し、苦労したが、思っていたより使えるのでX Window環境を整備する。

  • ディレクトリ名を日本語から英語に変換
    • $ sudo apt install xdg-user-dirs-gtk
    • $ LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update
  • 日本語フォントのインストール
    • $ sudo apt install fonts-ipafont
  • 日本語入力
    •  $ sudo apt -y install fcitx-mozc dbus-x11 x11-xserver-utils fonts-noto-cjk
    • $ fcitx-autostart
  •  ウェブブラウザfirefoxのインストール
    • $ sudo apt install firefox
  • アプリランチャーplank
    • インストール
      • $ sudo add-apt-repository ppa:ricotz/docky
      • $ sudo apt update
      • $ sudo apt install plank
    • 起動
      • $ plank &
    • 設定
      • 標準では画面の下に出てWindowsのメニューバーと被るのでplankの赤で囲った錨のアイコンをクリックして設定画面を開く。
      • Windowsと被らないようにPosition:をTopかRightに変更する。
        Panel Preferencesのウインドウが開くので、Windowsと被らないようにTopを選ぶ。
    • アプリケーションの登録
      • 設定画面上部のメニューバーにあるDockletsをクリックして選択。ApplicationsをクリックするとドックにApplicationsが追加される。
      • ドックのApplicationsにマウスのカーソルを当てて右マウスボタンをクリックすると下図のようにいろいろなアプリケーションを起動できる。
      • ドックへのアプリケーションの追加方法はウェブで調べてください。

終り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください