ロボットプログラミングⅡ:4週目 C++コンパイル方法

ロボットプログラミングⅡの4週目。Ubuntu用のcodeblocksでもコンパイルできまが、Linuxのコマンドに慣れるために、ここでは端末を使ったC++言語のコンパイル法を説明します。

  • 編集。geditでソースコードを打ち込み保存する。ここでは1hello.ccという次のファイルを作る。


$ gedit 1hello.cc

1hello0

  •  コンパイル。g++の後は-o(オーです。ゼロではない。)その後は、実行ファイル名を指定する。最後はソースファイル名。実行ファイル名とソースファイル名は違っても良い。-o 実行ファイル名を省略する(g++ 1hello.cc)とa.outという実行ファイルが生成される。

$ g++ -o 1hello 1hello.cc

  •  実行。./実行ファイル名。./は現在のディレクトリの中という意味。

$ ./1hello

1hello2

上のようにhello worldと表示されたら成功。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。