ロボカップジャパンオープン2016優勝!

victory2
2016年3月25日から27日の間、愛知工業大学で開催されたロボカップジャパンオープン2016のRoboCup@Home Educationリーグで金沢工業大学夢考房RoboCup@HomeプロジェクトとDKTの合同チームWinKIT@DKTが優勝しました。 夢考房プロジェクトがロボカップの大会で初優勝したのは2003年で、実に13年ぶりの快挙となりました。なお、RoboCup@Homeリーグは生活支援ロボットの技術開発を促進する目的があります。今大会では参加者約400名のうち、約170名が@Homeリーグ参加者であり、現在、最も人気の高いリーグです。その激戦を勝ち抜いての優勝です。

WinKIT@DKTのメンバーは次のとおりです。なお、出村賢聖君は夢考房JuniorのSROP(student research opportunity program)研究員です。
指導教員 金沢工業大学 ロボティクス学科 出村公成
メンバー  金沢工業大学 ロボティクス学科 3年 永島 一樹
メンバー      同          2年 榎本 光洋
メンバー 明聖高校3年(KIT夢考房Jr.所属) 出村 賢聖

@Home Education リーグの結果は次のとおりです。
1位 WinKIT@DKT 85.00点 (RoboCup2015世界大会9位) 
2位 Kame Rider(東京大学・他海外大合同) 80.61点 (RoboCup2015世界大会7位)
3位 TanichuCluster (立命館大学) 66.78点

なお、2位のKame Riderチームは東京大学生産技術研究所、中国南海大学、マレーシア工科大学
の三ヶ国連合チームで、昨年の世界大会で7位でした。WinKIT@DKTチームは今年の世界大会の出場権を獲得しています。昨年は初出場で世界9位でしたので、今年の世界大会では更なる活躍が期待されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。