3DグラフィクスライブラリIrrlicht1.6.1のインストール(VC++2008EE)

Irrlichtが2010年1月13日にバージョンアップされ1.6.1となりました.ここではVisual C++ 2008 EEを使ったインストール法を説明します.なお,IrrlichtをDirectXで利用するためには,ソースからビルドする必要があり,DirectX SDKをインストールしなければなりません.ここではDirectX SDKのインストールも併せて説明します.

Irrlicht付属meshviewer.exeのスクリーンショット

Irrlicht付属meshviewer.exeのスクリーンショット

  • Irrlichtのダウンロード
    • Irrlicht SDK 1.6.1をここからダウンロードする.
    • Cドライブのトップに解凍する.つまり,以下のディレクトリ構成
      • C:\irrlicht-1.6.1
  • DirectX SDKのインストール
    • DirectXのページに行きダウンロードからMicrosoft DirectX SDK (Mar 2008)をダウンロードする.ファイルサイズが483MBと大きいので注意.
    • ダウンロードが完了するとDXSDK_Nov8.exe ができる.ダブルクリックするとインストールが始まる.私の環境では30分以上インストールに時間がかかった.
  • VC++2008EEの環境設定
    • VC++を起動
    • 「ツール(T)」→ 「オプション(O)…」→「プロジェクトおよびソリューション」
    • 「VC++ディレクトリ」
      • ディレクトリを表示するプロジェクト(S):インクルードファイル
        • C:\irrlicht-1.6.1\includeを追加
          vc1

          クリックすると拡大

      • ディレクトリを表示するプロジェクト(S):ライブラリファイル
      • C:\irrlicht-1.6.1\lib\Win32-visualstudio
        クリックすると拡大

        クリックすると拡大

  • Irrlicht1.6.1のインストール
    • DirectX 8を使う場合はDirectX 8をインストールする.使わない場合は次の作業をする.
      • C:\irrlicht-1.6.1\include\IrrCompileConfig.hの119行目を次のようにコメントアウトする.
        //#define _IRR_COMPILE_WITH_DIRECT3D_8_
    • C:\irrlicht-1.6.1\source\IrrlichtにVC++2008用のソリューションファイルIrrlicht9.0.slnを開き,「ビルド(B)」→「ソリューションのビルド(B)」を実行しビルドする.エラーが出る場合の多くはDirectX 8やDirectX 9がインストールされていない.
    • C:\irrlicht-1.6.1\bin\Win32-VisualStudioにあるデモプログラムを実行し動けばインストール成功.
    • 終わりです.ごくろうさま.

でむ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。